無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ カシオペアの「ジプシー・ウィンド」で思い出す初めてのレンタルレコードの話。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

カシオペアの「ジプシー・ウィンド」で思い出す初めてのレンタルレコードの話。

2008.09.15 Mon
メイク・アップ・シテイ


 僕の浪人生活も少しずつ軌道に乗って、なんとなく余裕が出てきた頃に世の中は夏休みになっていた。そうは言っても浪人生に楽しい夏休みがある訳ではなく、僕は毎日夏期講習を受けに相変わらず高田馬場にある予備校に通っていた。
 夏期講習は普段のクラスでの授業とは異なり、選択科目別での授業が主となり、それまで知らなかった奴と色々親しくなった事を覚えている。
 そんな友人達の中に、富山県出身のF沢君という男がいた。彼は早稲田大学に通う2歳年上の兄と一緒に予備校の近くのアパートに住んでいた。そして、僕はこのF沢君のアパートに大学に合格するまでの間度々遊びに行っては色々な面で世話になる事になるのだ。
 さて、この頃の僕は予備校から寮へ帰宅する途中で、あちこちへ寄り道をしていた。ほとんどがレコード店や本屋、楽器店のたぐいで、いずれにしろ音楽への熱い思いが燻り続けていて、実際に音は聴かないまでも、雑誌等で新譜の情報は常にキャッチしていたのだ。
 夏休みも終りに近づいたある日、F沢君と一緒に高田馬場駅近くのビルの中のレコード店に入り、あれこれ物色しながら僕が、
「あ~あ・・・。聴きたいアルバムばっかりだよな~。」
 なんて独り言を言っていると、突然F沢君が
「んじゃ、LP買って俺んちで聴けばいいじゃん。」
 とスラッと言った。僕が、
「え!お前のアパート、ステレオあるの?」
 と聞くと、
「兄貴のコンポがあるから使っていいよ。そんな事より、レンタルレコード店へ行こうぜ!俺、会員だからお前の聴きたいLP、一緒に借りてやるよ。」
 そういうと、F沢君は僕を早稲田通りから少し路地に入った場所にある小さなレンタルレコード店へと連れて行った。
 当時、レンタルレコード店はまだ珍しく、品揃えも不十分で、あまり僕の触手に引っかかるアルバムは無かったが、そんな中から1枚だけカシオペアのアルバム「メイク・アップ・シティ」を見つけた。早速僕はF沢君に頼んでこのアルバムをレンタルしてもらい、電器店でカセットテープを1本購入してF沢君のアパートへ向かった。
 F沢君の住む部屋は、神田川沿いにある何の変哲もないアパートの1階の2LDKで、兄貴との2人暮らしという事もあり、お世辞にもきれいとは言い難かった。
 そうは言っても、聴いてみたいLPをカセットテープへダビング出来る喜びには勝てる訳ない。僕はすぐにF沢君の兄貴のコンポを借りて、「メイク・アップ・シティ」をダビングし始めた。この時の事を、今でもはっきり覚えているのだが、僕は1曲目の「ジプシー・ウィンド」が流れ、最初のいくつかのコードを聴いただけで体中に鳥肌が立ち、感動に震えてしまった。そしてダビングしている間中、F沢君と色々と話をするのだが、話の内容は上の空で、コンポのスピーカーから流れ出る音の方に意識が行ってしまい、F沢君に、
「お前、どうしたんだよ?ボーっとして・・・。」
 なんて、言われた事を覚えている。
 つまり、当時の僕はそれだけフュージョンに飢えていた。聴きたくて、聴きたくてしょうがなかったのだ。
 僕は、この日から秋が深まる頃まで、寮の部屋では毎晩「メイク・アップ・シティー」を聴いていた。そして、このアルバムで展開される曲の演奏テクニックや構成に一人じっと耳を傾け、
「大学に合格したら、絶対フュージョンバンドをやろう。もっと、もっとギターを練習しよう。」
 と決意を新たにしていたのだ。
 さて、そんな事を思い出しながら、久しぶりにアルバム「メイク・アップ・シティ」を聴いてみた。
 カシオペアの事を今更色々話ても、あまりに有名なバンドなのでしょうがないのだが、「メイク・アップ・シティ」というアルバムに限定して言うと、ちょっと面白い事に気が付いた。それは、4人のメンバーそれぞれの作品が楽しめるという事。従来ギターの野呂一生の作品が大半を占めるカシオペアにおいては、ちょっと珍しいアルバムと思った。
 さて、当時感動にうち震えた「ジプシー・ウィンド」は、
「イントロのコード進行が、カシオペアっぽいなぁ~というか、当時のフュージョンぽいなぁ~。」
 なんて事を感じてしまい、懐かしさがこみ上げて来ると同時に、あの頃の情熱を思い出して、ちょっと照れ臭い気持ちになった。
 まあ、いずれにしろ、この曲はカシオペアを代表する曲であり、その後も折に触れて聴く事になる曲なのだが、思いだす風景はいつも、小さなレンタルレコード店とF沢君の部屋なのだ。

Casiopea - Gypsy Wind


 


[Music カシオペア]



関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : カシオペア ジプシー・ウィンド メイク・アップ・シティ |
Category: 浪人生活の頃 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<エマーソン レイク&パーマーの「トリロジー」を聴いてみた。 | HOME | クリストファー・クロスの「南から来た男」を聴いてみた。>>

昔はホントにレンタルは今じゃ考えられないくらい寂しかったですね。
特ににジャズ・フュージョン系は寒かったです(笑)
この頃のカシオペアのサウンド、懐かしいですね。

ところで、テンプレ変えたんですね!とても見やすくなりましたよ。
klq26XPE | sou-un | URL | 2008.09.18(Thu) 19:29:27 | [EDIT] | top↑ |

>sou-un様

この頃のカシオペアのアルバムは、僕にとっては衝撃でしたね~。
とにかくどれを聴いても面白かった。
実に懐かしい思い出です。

んで、テンプレは、ちょっとした気分転換かな?
しばらくこれでいくつもりです。

- | 土佐のオヤジ | URL | 2008.09.19(Fri) 08:24:12 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/226-b1fc8416

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。