無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ラリー・カールトンの「アローン・バット・ネヴァー・アローン」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ラリー・カールトンの「アローン・バット・ネヴァー・アローン」を聴いてみた。

2008.10.08 Wed
アローン・バット・ネヴァー・アローン 昨日は私用で会社を休んでいた。有給休暇というやつである。終日かかると思われていた用事が思いの外早く終り、夕方には少し時間が空いた。女房は外出中、子供達は学校と家には誰もいない。
「何かアルバムでも聴くかな?」
 なんて考えて流し始めたのがラリー・カールトンのアコースティックアルバム「アローン・バット・ネヴァー・アローン」だ。
 大学生の頃、このアルバムの記事を雑誌で見た時に、ラリー・カールトンが演奏するアコースティックギターが頭の中でなかなかイメージ出来なかった事を思い出す。当時僕の中でラリー・カールトンと言えば、あのギブソンES-335のイメージがあまりにも強く、また出てくる音もディストーションの効いた音のイメージしか無かったのだ。
 早速友人から借りて、聴いてみると、目からウロコ、
「おいおい・・、これってホンマにラリー・カールトン?めちゃくちゃメロディアスやん・・。」
 と感動した記憶がある。
 大学の卒業が迫り、
「あ~あ・・・、俺ってホントに社会人としてやっていけるのかね?」
 なんて不安な事を考えている時に、この優しいアルバムは心に響いてしょうがなかった事を覚えている。

 


[Music Larry Carlton]


関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ラリー・カールトン アローン・バット・ネヴァー・アローン ギター |
Category: Jazz/Fusion | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |
<<イーグルスの「ならず者」を聴いてみた。 | HOME | 2008年9月某日の聴き流し日記。>>

ラリー・カールトンについてはあまり知らないんですが、なんと素敵なジャケットなんでしょう。
ジャケ買い対象商品ですね。
- | music70s | URL | 2008.10.08(Wed) 15:59:31 | [EDIT] | top↑ |

>music70s様

言われてみると、いいジャケットですね。
あんまり目立たないけど、
なんとなくホッとさせられるジャケットだと思います。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2008.10.09(Thu) 09:45:21 | [EDIT] | top↑ |

こんにちは。
弾きまくりのイメージから一転した、優しい印象の素敵なアルバムですよね。なんか、アール・クルーでも聴いてるような気になっちゃいます。
特に、ソロで演奏してるラストの曲なんかは、ちょっとした驚きでした。
- | なちゃ | URL | 2008.10.10(Fri) 00:36:00 | [EDIT] | top↑ |

>なちゃ様

そうそう、アール・クルーみたい。
そうだ!アール・クルーを忘れていた・・・。
久しぶりに聴いてみよう。
あのナイロン弦の深い音色も捨てがたいですね~。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2008.10.11(Sat) 11:05:34 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/238-d170203b