無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ビリー・ジョエルの「ピアノ・マン」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ビリー・ジョエルの「ピアノ・マン」を聴いてみた。

2008.12.02 Tue
ピアノ・マン 先日、テレビでビリー・ジョエルを見かけた。来日してコンサートをしたようだが、あまりに年を取っていたので、一瞬誰だか分からなかった。しかし、よく見ると若い頃の面影はキチンとあって、ホッとすると同時に時の流れの速さをつくづく感じて、
「あ~あ。俺もすぐにオヤジからジジイになってしまう・・・。」
 と少し落ち込んでしまった。
 僕は大学生の頃からビリー・ジョエルが大好きなのだが、この10年以上は御無沙汰で、90年代以降の曲はほとんど聴いた事がない。そんな訳で頭に浮かんでくるのは「ストレンジャー」以降の70年代の終りから80年代前半の楽曲ばかりなのだ。
 でも唯一この「ピアノ・マン」だけは、初期のアルバムにもかかわらず、記憶に残っている曲が多い。それは、実際にこのアルバムを聴いていたのが発売から10年以上経った80年代の半ばの学生時代だったからだと思うのだ。
 美しいハーモニカの調べに乗せて、3拍子の心地よいリズムで歌われるアルバムタイトル曲の「ピアノ・マン」が流れ始めると、昔住んでいたアパートや大学の近所の居酒屋などが次々と頭に浮かんでくる。
「だから何なんだ?」
 と言われれば、それまでだが、オヤジはこういう思い出に浸っている時が実は一番楽しかったりするのだ。

 


[Music Billy Joel]


関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ビリー・ジョエル ピアノ・マン |
Category: Rock/Pops | Comment(6) | Trackback(1) | top↑ |
<<パット・メセニーの「レター・フロム・ホーム」を聴いてみた。 | HOME | 2008年11月某日の聴き流し日記。>>

普通に年くってるじゃん

ほんと白人は年をとると老け込みますね~
「ストレンジャー」「オネスティ」しか知りませんがたしかピアノの貴公子だったはず。
白人にくらべ日本人はまだ若さを保つほうなのでオヤジさんもオヤジ化しないでほしいものです!
- | まり | URL | 2008.12.02(Tue) 17:12:02 | [EDIT] | top↑ |

ビリー・ジョエル大好き!

こん!
ビリー・ジョエルときたら
も~黙ってられない
大好きなもんで、飛んで来ました
ええ、カラオケでもやってますが

もちろん、いつ聴いもいいですね
忽のおすすめ
『Honesty』
『The stranger』
『My life』
『Allentown』
『Pressure』などなど
”ナイロンカーテン”とゆうアルバムに入ってると思います。



- | 忽 | URL | 2008.12.03(Wed) 01:37:39 | [EDIT] | top↑ |

>まり様

オヤジ化するなと言っても、すでにオヤジなんだなぁ~(笑)
でも、暖かいお言葉ありがとうございます!
嬉しいオヤジなのだ。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2008.12.03(Wed) 09:13:49 | [EDIT] | top↑ |

>忽様

ビリージョエルの曲はとてもメロディアスで覚えやすい。
しかし、これをカラオケでとなると、オヤジなんてなかなかですね。
でも、歌えたらカッコイイだろうな・・・。
などと思います。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2008.12.03(Wed) 09:17:53 | [EDIT] | top↑ |

びりーじょー。

私も、びりーじょー好きでした。中学のときだと思う。今聞くと、本当にアーバン・ロックっていうか、偉く落ち着いた感じで、中坊が聴く音楽じゃねーなと思う。というか、その後メタルに目覚めて、トシを取るごとにバカ度を増していったような気がする・・・
- | チュチュ姫 | URL | 2008.12.08(Mon) 22:28:58 | [EDIT] | top↑ |

>チュチュ姫様

トシを取るごとにバカ度が増しているのはオヤジも同じです。(笑)
んで、びりーじょーって表現がイイですね。
使わせてもらいます。^-^
- | 土佐のオヤジ | URL | 2008.12.09(Tue) 10:05:57 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/262-941a2cb6

ビリー・ジョエル 2

NO.00023 ビリー・ジョエル2枚目のオリジナル・アルバム『ピアノ・マン』(1973年) “ピアノ・マン”誕生。 “ピアノ・マン”ビリー・ジョエルを確立させた、と同時に起死回生となった出世作です。 ファースト・アルバムに比べて力強さが増して、...
まい・ふぇいばりっと・あるばむ 2010.09.18 09:23