無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ドリーム・シアターの「イメージズ・アンド・ワーズ」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ドリーム・シアターの「イメージズ・アンド・ワーズ」を聴いてみた。

2008.12.12 Fri
イメージズ・アンド・ワーズ 前回、キング・クリムゾン「レッド」というアルバムを記事にした時に、
「『レッド』は現在のヘビー・メタルの音の元となったアルバムとも考えられる云々。」
 という文章を何かの音楽雑誌で昔読んだ事を思い出した。そんな事から、プログレッシブ・メタルという言葉が頭に浮かび、ここ数年気に入っているドリーム・シアターの出世作イメージズ・アンド・ワーズを聴いた。
 僕は基本的にヘビー・メタルと呼ばれる分野の音楽は、あんまり得意じゃないのだが、プログレッシブ・メタルは面白いと感じている。(←実に勝手な話だけど・・。)
 さて、前回の記事で、
「楽器を演奏する事なぞ考えず、アルバムの世界へ浸る事が、プログレを楽しむ極意の一つじゃないか?」
 なんて事を書いたにも関わらず、ドリーム・シアターのこのアルバムを聴くと、ギターのテクニックばかりを聴く事になってしまった。ホント、自分でも呆れるほどエエ加減なものである。
 しかし反省する訳でもなく話を続けるが、やはりこのアルバムは何回聴いてもジョン・ペトルーシのスピードと正確さを併せ持つ演奏テクニックに圧倒させられる。とにかくギターを弾く技術的な事だけで話をすると、機械のように正確でメチャクチャ上手いと思うのだ。
 こういうのを聴くと、オヤジも俄然ギターが弾きたくなり、納戸の奥から古いギターを引っ張りだす事になる。そしてギターを抱えたまま、彼とのテクニックの違いにただ愕然とするばかりなのだ。(←当たり前だ!バカ!)

 


[Music Dream Theater]


関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ドリーム・シアター イメージズ・アンド・ワーズ |
Category: Progressive | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<スタン・ゲッツ&J・J・ジョンソンの「アット・ザ・オペラ・ハウス」を聴いてみた。 | HOME | キング・クリムゾンの「レッド」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/267-ed00745c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。