無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ デイヴ・ブルーベックの「タイム・アウト」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

デイヴ・ブルーベックの「タイム・アウト」を聴いてみた。

2008.12.18 Thu
タイム・アウト ずいぶん前にジョージ・ベンソンのアルバムの話をした時(←記事はこちらです。)、彼の演奏するテイク5が大好きな事を書いたのだが、今回は本家のデイヴ・ブルーベックテイク5を聴いた。
 アルバムタイム・アウトに収録されたテイク5がオリジナルという事は頭では理解していたのだが、僕がこのアルバムを実際に聴いたのは20代の終りの頃の事で、大学生の頃から聴いていたジョージ・ベンソンテイク5の方がしっくりくる気がしてならなかった思い出がある。
 今回、久しぶりに聴いてみると、勝手な話だが、
「こりゃ~イイぞ。落ち着きと深みのテイク5じゃ!う~む、我々中年向きじゃ。フフフフッ!」
 なんて風に感じてしまった。
 デイヴ・ブルーベックと言えば、テイク5の作曲者でアルト奏者のポール・デズモンドとは切っても切れない関係にあるのだが、デイブのちょっとブツ切れ気味のピアノにポールの堂々めぐりのようなサックス(←悪い意味じゃないけど、こんな表現になってしまう。)が上手く絡んで、この変拍子の曲が実に気持ち良く聴こえるのだ。
 何となく霧の中から聴こえてくるような雰囲気を感じるこの名曲は、歳を取るほどに味わいが増してくるような気がしてならなかった。

Dave Brubeck - Take Five


 


[Music Dave Brubeck]


関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : デイヴ・ブルーベック タイム・アウト テイク5 ピアノ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<デュラン・デュランの「リオ」を聴いてみた。 | HOME | 勤労感謝の日の聴き流し日記 その2。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/270-02366878