無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 大掃除で出てきた聴いた事もないCDたち。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

大掃除で出てきた聴いた事もないCDたち。

2008.12.28 Sun
 2008年も押し詰まり、普通の人なら新年に向けての意気込みとか、闘志なんてモノが湧いて来てもおかしくないこの時期、オヤジは全然違うのだ。相変わらずバタバタの毎日で、昨日は朝から家の大掃除をしていた。まったく嫌になってしまうのだ。
 まあ、そうは言っても一家の長たる者、子供達にも偉そうに、
「おい!今日は一日かけて自分の部屋を片付けろよ!正月が来ないぞ!」
 なんて事を言った手前、自分が働かない訳にはいかず、まずは普段掃除が出来ない所を女房と集中的にきれいにして、その後は自分の書斎周りを片付け始めた。
 机の上に散乱した文庫本や雑誌、CD、文具などを元の場所に戻し、本棚へ適当に放り込まれた本を整理し、ロックもジャズも歌謡曲もぐちゃぐちゃに入り混じったCDやMDやテープを元通り分類し、棚に収めながら整理を進めていったのだが、そんな時に、
「あれ!?」
 っと1枚のCDが目に入った。
希 ~NEGAU~ 購入した記憶が全然無いCDだが、ジャケットにはなかなか美しい女性が写っている。(←そうじゃないと、目には止まらないからねぇ~。)よく見ると、このアルバムはタンゴ歌手の冴木杏奈という女性の希~NEGAU~というアルバムだった。
「女房が買ったアルバムかな?」
 なんて事を考えながらそれまで聴いていたロックのアルバムを止めて、試しに聴いてみる事にした。
 そもそも僕は、タンゴと言われると、「黒猫のタンゴ」(←我ながら古いと思うが・・・。)くらいしか頭に浮かばないアホなので、当然、冴木杏奈というアーティストの事も全然知らない。にもかかわらず、このアルバム、なかなかのモノで、日本語で歌われるタンゴが妙に心に響いてくるのだ。冴木杏奈の歌唱力は勿論の事、タンゴという音楽が持っているリズムが実に情熱的なモノである事が体験できる。掃除の手を止めてしばらくその歌声と、リズムに聴き入ってしまったのだ。
「しっかし、聴いた事もないCDがあるもんやなぁ・・・。」
YU'S GOODS なんて思いながら再び作業を進めていると、またも聴いた事がないアルバムが出てきた。早見優「YU’S GOODS」というアルバムだ。
「まあ、今日は掃除しながら適当にCDを流しているんだから、ついでにコイツも流してみよう・・・。」
 そんな事を考えて、「YU’S GOODS」を流してみた。
 冴木杏奈ほどではないが、僕は早見優という歌手の事もほとんど知らないに等しい。僕が若い頃はアイドル歌手として非常に人気があり、よくテレビで見かけた記憶があり、最近ではテレビのバラエティー番組や司会などで綺麗なお母さんになった姿を見掛ける事がある。でも僕が好きな松田聖子小泉今日子のように、その容姿から曲が頭に浮かんで来るようなアーティストではなく、このアルバムも何故手元にあるのかが全然分からないのだ。
 で、聴いた感想は、
「う~む・・・。当時の無難なアイドル?」
 そんな感じだった。
 早見優という人は声に特徴がある分、好きな人にはたまらないだろうと思うが、僕が聴く限りではちょっと耳に付く。英語で歌っている曲などそれっぽくて可愛らしいのだが、何曲も聴くとちょっと疲れてしまうのだ。そうそう、ジャケットのデザインは当時っぽくって大好きなのだが・・・。
泉昌之のダンドリCD ビールをおいしくするボサノヴァ こうなってくると、次も聴いた事ないアルバムを探した。で、手に取ったのが「泉昌之のダンドリCD ビールをおいしくするボサノヴァ」だ。いや正直言うと、このアルバムは少し聴いた事がある。これは僕と女房が結婚した時に、女房がビール会社に勤務していた関係上、彼女の後輩が結婚祝いにプレゼントしてくれたCDなのだ。
「これでも聴いて、2人で美味しくビールを飲んでくださいね。」
 という意味のようだが、まあオヤジの場合このCDを流さなくても毎晩美味しくビールを飲んでいるので心配ない。
 おっと、話が逸れたので軌道修正するが、このCD、流してみるとハモンド・オルガン系の音で延々とボサノヴァばかり十数曲が演奏される。ビールが美味しくなるかどうかは別にして、内容は実に夏向きで、この時期流すと季節外れもはなはだしい。同じようなシリーズで、
「『熱燗をおいしくするオヤジの演歌』なんてのは無いものか?この時期ピッタリなのに・・・。」
 なんて事を考えてしまった。
「あ~あ・・・アホらしい・・・。」
スペシャル・メニュー さあ、最後の1枚は、金子晴美「スペシャル・メニュー」というアルバム。これも手元にある事は知っていたのだが、手に入れた経緯を思い出す事が全然出来ない。当然、聴いた記憶も全然ないのだ。
 確かに金子晴美というジャズ・シンガーの名前は大学生の頃から知っているので、これまでに何処かで耳にした事があるアーティストかも知れないが、残念な事に全然頭に残っていない。
 こういうアルバムは、ホントに聴いた事が無いのか、それともオヤジの頭がボケて忘れているのか、実に不安になるのだ。ちょっとドキドキしながら流してみると、
「ほ~っ、金子晴美って、結構可愛らしい声だし、英語も上手いよな。」
 なんて思う。そして、
「あら?これどっかで聴いたことある曲やな。ん~と、何だっけか?」
 なんて考えながら、ライナー・ノーツを読んで納得した。
 このアルバム全曲がサザン・オールスターズの曲をジャズ風にアレンジして英語で歌っているのだ。
「へ~、そういうアルバムなの・・。ま、これはこれで面白いんじゃないかな?」
 なんて曖昧な感想を持ちながらも、ほとんど知ってる曲ばかりなので、結構楽しんで全編聴いた事だった。そして、
「桑田圭佑の作る曲って実にメロディアスだよなぁ~、こんなにジャズ風にアレンジしてもすごくイイもんだ。」
 と改めて桑田圭佑の偉大さを感じてしまった。
 さて、今回は大掃除の途中に出てきた聴いた事もないCDのお話をしたが、この4枚はすべて日本人アーティストのアルバムだ。
 そして、ここでは記事に出来なかったが、実を言うと、これが外人アーティストのアルバムとなると10枚以上知らないCDが出てきたのだ。これらは輸入盤が多い為、何者かを調べ始めると掃除どころでは無くなるので止めたが、まとめて棚の隅の方に置いてあるので、また別の機会に少しずつ聴いてみようと思っている。こういう事は結構面白いのだ。ましてや、忘れていた何かを思い出すかも知れないので貴重な事この上ないと思っている。いずれにしろ、オヤジにとっては来年の楽しみが1つ出来て嬉しかった訳で、今回の面倒臭い掃除も、
「たまにはやってみるものだ。」
 なんて思った事だった。

 
[Music 冴木杏奈] [Music 早見優] [Music 金子晴美][Music ほか]
関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 冴木杏奈 希~NEGAU~ 早見優 金子晴美 |
Category: 自分勝手な話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<日頃お世話になっている皆様へのお礼とご挨拶。 | HOME | ジョン・メイヤーの「ヘヴィアー・シングス」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/275-3837a2f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。