無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 石川さゆりさん、あんたは凄い!
RSS|archives|admin

石川さゆりさん、あんたは凄い!

2009.01.12 Mon
 今年の正月は元日、2日ともに何処にも出かけないで家の中でゴロゴロしていた。従来なら元日は夕方から初詣に出かけるし、2日ともなるとデパートやショッピングセンターへ出かけたりするのだが、今回は喪中という事もあって、炬燵に入ってボンヤリとテレビを眺めながら、酒ばかり飲んでいた気がする。
 そんな正月の過ごし方をしたせいか、気になってしょうがなかったのが、大晦日から正月にかけてのテレビ番組のつまらない事だ。つまらないだけならまだしも、ワーワーキャーキャーと喧しい事この上ない。こんな事を言い始めるとオヤジである事はわかっているのだが、怒られるのを承知で言うと、年末年始のテレビ番組はオヤジの気付かないうちに、頭の悪い若者しか喜ばない恐ろしくレベルの低いモノになってしまった気がしてならなかった。
 ま、我家の息子達もそんなテレビを見ながらゲラゲラとバカ笑いをしているので、オヤジが書けば書くほど自分の分身がアホである事を世間に晒す事となるのでこれくらいにしておくが、とにかく大晦日からしばらくの間は、テレビのスイッチを入れる毎に、うんざりしていたのだ。
天城越え でも、そんなオヤジにも神様はキチンと感動できるテレビの一場面を用意してくれていた。それは何かというと、年末恒例の紅白歌合戦石川さゆりが歌った「天城越え」なのだ。
「また、自分勝手な話を・・・。」
 と思うであろうが、感動してしまったものはしょうがないのだ。話を聞いてくれ。
 僕はNHKホールの奈落から前奏に乗ってせり上がってきた石川さゆりの姿を見て、一瞬のうちにブラウン管に目が釘付けになり、あっという間に彼女の作り出す「天城越えワールド」(←そんな言葉無いだろうけど・・・。)の虜になった。
 まずは前奏。ギタリストのマーティ・フリードマンが演奏するという演出も、オヤジとしては、
「へ~っ、面白いんじゃない?」
 なんて思ってしまった。だって、よく聴くとこの曲の前奏は泣きのギターをギンギンに聴かせるロックだ。(←言い過ぎだけど・・・。)これから訪れる感動への幕明けの演出としては、派手で実にカッコいいと思ったのだ。
 そして、歌が始まると歌詞の一つ一つから伊豆の美しい風景が頭の中に立ち上がって来る。(←行った事無いから想像の風景だけど・・・。)サビの部分からは、女性の熱い思いが情感豊かに伝わってきて鳥肌が立ちそうになってしまった。
 また、間奏での石川さゆりの表情がメチャクチャ良い。歌詞同様に芯が強そうで情が深い女性のイメージの顔になっているのだ。
 僕はこの数分のステージを見ただけで、
「やっぱり一流のプロってのは違うぞ・・・。ホンマに上手い。冗談抜きで鳥肌立ちそうじゃ!」
 そう感じたのだ。
石川さゆり ベスト&ベスト さて本日は成人の日で、年が明けて早くも10日以上経っているが、僕はこの記事を書きながら年末の事を思い出そうと、バックで石川さゆりのベストアルバム「石川さゆりベスト&ベスト」を流している。何年か前にダビングしたMDだが毎年1~2回は必ず聴くアルバムで、前出の「天城越え」以外にも名曲「津軽海峡冬景色」や僕の好きな「能登半島」などが収録されている。
 毎度の事ながら、耳を傾けると歌詞の風景が頭に浮かんできて、その中から女性の熱い思いが溢れ出る、いわゆる『演歌お約束のパターン』を楽しんでいる。でも、『お約束』とは言いながら、石川さゆりが歌うから詞の内容が心に響いて楽しめるのであって、そこら辺の演歌歌手では、絶対にこうはいかないのだ。
「ああ・・・、頭の中に年末の熱いステージが再び蘇ってくる・・・・。」
 って、イカンイカン。ボーッとしてしまった。
 気を取り直して話を続けるが、こんな風に僕は従来から石川さゆりが大好きなので、「天城越え」「津軽海峡冬景色」も時々カラオケで唸ったりするのだが、あの迫力あるステージを頭に浮かべると、赤い顔してヘラヘラ歌っている自分が情けなくなってしまう。でも、
「今年のカラオケでのオヤジの歌い始めは、石川さゆりだな!」
 などと、心に決めたりしているのだ。(←ホントにバカだ。)
 話は変わるが、このベストアルバムに収録されている「ウィスキーが、お好きでしょ」という曲の事を忘れないうちに話しておきたい。テレビCMで有名なこの曲、演歌ではないが、実に名曲だと思うのだ。色気のある石川さゆりの声で優しく歌われると、洒落た都会の静かな酒場とそこに居るイイ女のイメージが頭をよぎる。
「大人の酒はこうじゃないといけないよな!」
 なんて思いながら、どんどん想像が膨らんで、挙句の果てに、単純なオヤジは
「今夜は美味い水割りを飲んでやろう・・・ウヒヒヒッ!」
 などと考え始めるのだ。
 イカン、また話が変な方向へ行きそうなので軌道修正して、まとめに入るが、とにかく今回の記事は、
「年末の石川さゆりにオヤジは感動したぞ!」
 という事を言いたかったのだ。
 ここで改めて、オヤジは石川さゆり嬢に礼を言いたい。
「2008年の最後に、あんな凄い歌を聴かせてくれてありがとうございました。オヤジはホントに感動しました。石川さゆりさん、あんたは凄い!これからも、素晴らしい歌を歌い続けて下さい。」
 以上。

天城越え : 石川さゆり


 


[Music-石川さゆり]
関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 石川さゆり 天城越え |
Category: 憧れの巨匠話 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |
<<フューズ・ワンの「フューズ」を聴いてみた。 | HOME | スティングの「ブリング・オン・ザ・ナイト」を聴いてみた。>>

すごいオーラが出てますね。
僕も最近、若い頃は見向きもしなかった演歌に感動させられることがあります。
お正月のバラエティ番組は、ホントにつまらないですね…漫才と駅伝は観ましたけど。


- | なちゃ | URL | 2009.01.12(Mon) 20:09:00 | [EDIT] | top↑ |

本年も愉しみにしております~♪

遅くなりましたが、本年も愉しみにしております、よろしくお願いいたします。
紅白は見なかったのですが、
「石川さゆりさんは凄い!!」に、
俄然、賛同いたします。
マーティ・フリードマンとの競演は、
他の番組で見たことがあり、
至極感動した覚えがあります。
東京スカパラダイスオーケストラの
「グランプリ」というアルバムで「真っ赤な太陽」のカバーで歌ってる石川さゆりさんも素晴らしいです。
http://mora.jp/package/80307744/ESCB01591/
恐らく、美空ひばりさんの次くらいに?
ジャンルを超えて日本の女性シンガーとしての
実力をお持ちなのでは?と思います。
ルックスも美しいですし、
表現者としてもカリスマ性を持ってるような気がします。
- | ユキヒロック | URL | 2009.01.13(Tue) 10:31:14 | [EDIT] | top↑ |

>なちゃ様

演歌ってオヤジ臭いって馬鹿にされるけど、実はイイ歌いっぱいありますよね。
日本の風景とか、女の情念とか、こういうのがすごくよく分かる。
日本人で良かった!って思います。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.01.13(Tue) 12:20:10 | [EDIT] | top↑ |

>ユキヒロック様

明けましておめでとうございます。
無沙汰しております。
賛同してくれる人がいて、よかったです。(笑)
スカパラのアルバムの事は知らなかったので、早速「グランプリ」、聴いてみたいと思いますね。そういえば、久しぶりに美空ひばりも聴いてみよう!オヤジはこの人も大好きなんですよね~。
今年もよろしくお願いします。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.01.13(Tue) 12:28:04 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/282-aa40a413