無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ドリーム・シアターの「メトロポリス・パート2 ~ シーンズ・フロム・ア・メモリー ~」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ドリーム・シアターの「メトロポリス・パート2 ~ シーンズ・フロム・ア・メモリー ~」を聴いてみた。

2009.02.04 Wed
メトロポリス・パート2 ~シーンズ・フロム・ア・メモリー~ 高知市の中心部の帯屋町商店街を歩いていると、ギターやベースのソフトケースを背負って自転車をこいでいる学ラン姿の高校生達とすれ違う事がある。こういうのを見ていると、自分も高校生の頃は同じような学生だったので懐かしくてたまらない。
「お~若者よ!バンド頑張れよ!青春を謳歌しろよ~!」
 なんて、声を掛けたくなってしまうのだ。
 さて、オヤジはそんな風景を横目で見ながら、
「自分が最近の高校生だったら、どんなバンドを聴いて喜んでいるかな?」
 なんて事を考えてみる。で、
「多分、この辺だろうな・・・。」
 なんて頭に浮かんでくるのがドリーム・シアターなのだ。
 アルバム「メトロポリス・パート2・シーンズ・フロム・ア・メモリー」を聴いていると、僕が今高校生なら、
「絶対こんな演奏が出来るバンドになりたい!これぞ俺の目指す道じゃ!わははは~」
 と鼻息を荒くして、ギターを引っ張り出す事は間違いないのだ。
 高校生当時の僕は、ギターの圧倒的なテクニックやプログレッシブ・ロック独特のドラマチックな展開の曲に憧れる傾向があったのでこんな事を考えたのだが、いずれにしろ、機械のように正確なテクニックとスピード、アルバム全体から湧き上がる壮大なイメージのアンサンブルには脱帽する。オヤジはこのアルバム、プログレッシブ・メタルの超名盤だと思っている。異存はあるまい・・・。

 


[Music Dream Theater]
関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ドリーム・シアター |
Category: Progressive | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<工藤静香の「SHIZUKA KUDOU 20TH アニバーサリー ザ・ベスト」を聴いてみた。 | HOME | ジミ・ヘンドリックスの「パープル・ヘイズ」で思い出す適当な歌詞の話。>>

プログレメタルの名盤、同感です。
本当に凄いテクニックのあるバンドですし、よく練られた作品だと。
Overture 1928なんか、最初に聴いた時は打ち込みと勘違いしましたよ。個人的にはインスト曲に惹かれます。
- | なちゃ | URL | 2009.02.04(Wed) 23:33:59 | [EDIT] | top↑ |

>なちゃ様

確かに、打ち込みと勘違いしますよね。(笑)
聴けば聴くほど、練りに練ったという感じがします。大好きですね~。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.02.05(Thu) 11:07:53 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/297-72e9f558

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。