無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ TOTOの「ロザーナ」で驚いた現在進行形の音楽趣味の話。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

TOTOの「ロザーナ」で驚いた現在進行形の音楽趣味の話。

2009.02.22 Sun
TOTO ?~ 聖なる剣 ~

 前回までの思い出話は浪人時代の事を書いてきたが、ここからは大学時代の曲にまつわる思い出を書いていこうと思う。思い出してみると、僕の大学4年間は、音楽以外でも色々と頭に浮かぶ事があり、それが曲のイメージと重なる事も多いので、またもトンチンカンな馬鹿話になりそうなのだが、どうか勘弁願いたい。まぁ、基本的にこれまでと同じやり方で、お話を進めて行きたいと思うのだ。
 で、早速始めるが、1982年の4月に僕の大学生活はスタートした。ここで少し説明しておくと、僕が入学した大学は東京の西武池袋線江古田という駅にあり、僕が通う大学を含めて3つの大学がこの江古田駅を囲むような配置で立っていた。当時の江古田は学生相手の雀荘や食堂、喫茶店や居酒屋等が並び、駅周辺には学生街の雰囲気があったが、駅から少し離れるとそこには住宅街が広がっており、なんとなくのんびりした雰囲気がある街であった。
 一方、僕が“四畳半流し付き、風呂なし、トイレなし”のアパートを借りたのは下北沢という街だった。この街は今でこそオシャレな街として有名だが、僕の住んでいた頃は、確かにオシャレな店もあったが、どちらかと言えば、安い飲み屋や食堂、古着屋や演劇関係の劇場、ライブハウス、パチンコ店、銭湯、ジャズ喫茶等がグチャグチャに入り混じって、ガード下には闇市の雰囲気が残り、駅周辺は車が入れない小さな路地が入り組んだ混沌とした街であった。
 当時下北沢から江古田までは電車を乗り継いで50分ほどかかったので、
「お前、もっと学校の近くに住めばいいじゃないか!」
 と大学の友人にはよく言われたけれど、下北沢には高校時代のバンド仲間のN田君、H口君、K藤君などが住んでいて、毎晩のように何処かへ集まっては酒を飲んで騒いでいた事もあり、僕自信、学校のそばへ引っ越す気など全然無かったのだ。そんな訳で、僕の中では、
「江古田は大学の仲間達と遊ぶ街。下北沢は高校時代の同級生と遊ぶ街。」
 という妙なすみ分けが自然と出来ていったのだ。
 さて、大学生活も入学式とオリエンテーションが終り正規の授業が始まった頃、僕は高校時代弾いていたギターからベースに鞍替えし、購入するベースを探して、毎日のようにお茶の水で楽器店のハシゴをしていた記憶がある。
 僕がギターからベースに鞍替えした理由は色々あるのだが、今考えると一番の理由はスラップだったと思う。当時はチョッパー奏法なんて言われていたのだが、とにかくこのファンク系のベースの演奏方法に強い魅力を感じて、
「うっしゃ~、大学ではベースで一旗揚げてやろう!」
 などと、アホな事を考え始めていた訳だ。
 と同時に大学生活を送る上で肝心な音楽系のサークルも学内で探していた。色々調べてみた結果、僕のやりたいフュージョン系の音楽が出来そうなサークルは学内に2つあり、『どちらもそんなに変わらない』という事が分かった。
 で、ある日の放課後、
「試しに覗いてみるかな・・・?」
 くらいの軽い気持ちで、僕は当時音楽系サークルが集まっていた体育館の裏へ向かった。
 行ってみると『どちらもそんなに変わらない。』と言われる2つのサークルの部屋は隣同士で、片方のKという頭文字のサークルからは結構上手いフュージョン系の演奏が聴こえていた。一方、もう片方のMという頭文字のサークルの部屋からはボソボソと話し声が聞こえていた。
 練習の邪魔をしては悪いので、僕は話し声のするMの方の扉をノックして、そっと中を覗き込んだ。するとそこには、長髪の男が3人いて、僕の顔を見て
「ん?誰?」
 という表情をした。僕が、このサークルをちょっと見に来た云々の話をすると、
「あ!新人さん?俺達と一緒だ。」
 と言ったのだ。
 僕はこのMというサークルの部室へ入れてもらい、3人の長髪の男性と色々話をする中で、このサークルの事が少しずつ分かってきた。
 まず、長髪の3人は全員僕と同じ新入生で、この内の2人はギタープレイヤーであった。残りの1人はドラマーで、彼ら3人以外にも女性の新人が3人いて、その内の2人がキーボード、一人はギターを弾くとの事だった。
「で、君、楽器は?」
 と聞かれ、僕が、
「ベースだよ。」
 と答えると、3人はニャッと笑って、
「この後、お茶飲みに行かない?」
 と僕を誘ってくれた。
 途中、前出のキーボードの女の子1名が合流し、5人で駅前のマクドナルドでコーヒーを飲みながら、僕は1時間近く彼等4人に
「このサークルに入れ!」
 と勧誘されたのだ。
 結局翌週に新人全員が部室に集まるので、その時にもう一度顔を出す事を約束させられて、その日は帰路についた。
 さて、翌週再びこのMというサークルの部室へ顔を出すと
「おお!ベースが来た、ベースが来た!」
 と、すでに入部が決まっているかのような口ぶりで、先週会った4人が僕の事をその場にいた他の部員達に紹介したのを覚えている。
 その後、部室で好きな音楽などの雑談が続く中で、ドラムのI君とギターのS君、キーボードのS嬢が音を出し始めた。僕は、
「何が始まるのかね?こりゃ楽しみじゃ~」
 と思い、眺めていると、ギターのS君が
「ロザーナやろう!」
 と言ったのだ。
 この一言は当時の僕にとっては結構衝撃的であった。理由を説明すると、「ロザーナ」という曲は当時一世を風靡していたTOTOの代表曲で、音と言い、リズムと言い、当時としては最新のロックである。一方、僕が高校時代にバンドで演奏してきた曲は主として60年代後半から70年代のハードロックが多く、そこから急にフュージョンへと興味が移ってしまったので、80年代初めのこの当時、実際に活躍しているロックバンドについては、かじる程度にしか聴いた事が無かったのだ。
 その時3人で演奏した「ロザーナ」は、正式なモノでは無いにしろ、ギターのS君のスティーブ・ルカサーっぽい音の作りや、S嬢のシンセサイザーの操作には目を見張るモノがあり、同級生とは言いながらも、
「上手いもんじゃ・・・。」
 と思った事を覚えている。
 そして、発売されて一ヵ月も経っていないアルバムの音に、すぐに食いついてゆく彼等の音楽に対する姿勢に妙に感動してしまい、
「こいつらの音楽の趣味は、完全に現在進行形なんや・・・。」
 そう思った事を今でも覚えている。
 さて、久しぶりにTOTOのアルバム「TOTO Ⅳ~聖なる剣」を流したのだが、今聴いても「ロザーナ」を始めとする名曲が並んでいる上に、演奏がしっかりしていて面白い。TOTOというバンドが、当時人気のスタジオミュージシャンの集まりだった事を考えると当然の事なのだが、
「こういう産業ロックの匂いがプンプンする音が出てき始めたのはちょうどあの頃だったよなぁ・・・。」
 なんて実に懐かしい思いがしたのだ。
 この「ロザーナ」の演奏を聴いた事をきっかけに、僕は最新の洋楽に耳を傾ける事が多くなった。当初それはサークルの友人達との会話についてゆく目的があったのだが、今思うと、それが自然と僕の音楽の幅を広げていった気がするのだ。そういう意味では、この「ロザーナ」という曲と、現在進行形で洋楽を聴く同級生達には感謝しなければならないと思っている。
 さて、僕はその後先輩達の猛烈な勧誘にあい、結局このサークルにお世話になる事になった。後で分かった事だが、このMというサークルにはベーシストが2名しかいなくて、その内の1人は4回生で、すぐに本格的な就職活動に入っていく為に、この時サークル全体としてベーシスト不足が深刻な問題になりつつあったのだ。そんな中へ鴨が葱しょって僕がヘコヘコ入って行ったので、強烈な勧誘に合ったのも当然の事だったのだ。
 僕は入部を決めてみたものの、
「ホンマにこのサークルで自分の好きな音楽が出来るのかね?」
 という気持ちと、
「まぁ、なんとなく自由で、居心地が良さそうなサークルだから、エエか・・・。」
 という気持ちが入り乱れたまま、その後しばらく過ごしていた事を覚えている。

TOTO : Rosanna


 


[Music TOTO]

関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : TOTO ロザーナ 聖なる剣 バンド |
Category: 大学1回生の頃 | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |
<<ソニー・ロリンズの「サキソフォン・コロッサス」を聴いてみた。 | HOME | クレージーケンバンドの「SOUL・電波」を聴いてみた。>>

ロザーナはあの曲のノリが難しいですよネ!(特にドラム)
当時僕も練習曲として演りました。
サビのところで一瞬出て来るスラップベースもかっこいい!

下北は随分変わりましたね。。。
ちなみに、、、
僕の住まい下北まで歩いて10分程のところで、さっきもゼンモールで衣装買ってきました。(笑)

- | Lamos | URL | 2009.02.22(Sun) 16:01:11 | [EDIT] | top↑ |

こんにちは

下北には友人が確か住んでました。記憶にあまりないですが、、私は東中野の3畳半 流しありトイレ 風呂無しのアパートすんでいたころがあります。ちなみに月 9500円でした。

TOTOや The Cars 80年代初めに聞いたこうした曲はあまりすきではありません。
曲が嫌いなんではなく その頃の生活が戻ってくるからですが、、。
80年代のこうしたファっシオンも、、なぜか好きになれない。

この曲はいやでもメロデイーが記憶の中に残るほど ポピュラーですね
- | ba-chama | URL | 2009.02.23(Mon) 03:19:38 | [EDIT] | top↑ |

>Lamos様

ロザーナのドラムは凄いですね。
当時、あんな叩き方をするドラマーって初めてで、衝撃だったように思います。
それにしても、Lamosさんは、いい所にお住まいですね~。羨ましい。
下北沢って街には今でも憧れますね。(笑)
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.02.23(Mon) 10:34:21 | [EDIT] | top↑ |

>ba-chama様

ba-chamaさんの80年代は辛い時代だったのでしょうか?
申し訳ないですが、僕の80年代は、今思うと結構幸せでした。
ロザーナ聴くと、なんとなく浮かれてた自分を思い出します。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.02.23(Mon) 10:38:00 | [EDIT] | top↑ |

中学時代、産業ロックなんて言葉も知らず、単純に「カッコいい!」と、ロザーナを聴いていました。名曲ですよね!
ところで、大学時代、私は、カントリー&ウェスタン研究会という名の、ブルースやパンク、HR、グラムロック…なんでもありの、怪しいサークルに入っていました(笑)。
- | 波野井露楠 | URL | 2009.03.08(Sun) 13:03:34 | [EDIT] | top↑ |

>波野井露楠 様

なるほど・・・。
僕の所属したこのサークルも、あまりに色々な音楽趣味の人がいて、途中からバンドどころじゃなくなるんですよね~。
ある意味、怪しかったです。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.03.08(Sun) 21:42:04 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/308-76549a30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。