無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ミルト・ジャクソン・クインテットの「ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ミルト・ジャクソン・クインテットの「ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ」を聴いてみた。

2009.03.03 Tue
THAT'S THE WAY IT IS 3月になってしまった。女房が雛飾りを出した。数年ぶりの事で珍しく、我が家の息子達3人も、
「へ~っ」
 なんて言いながら眺めていた。
 女房は嬉しそうに、
「このお雛様は、私が子供の頃に上野松坂屋で買ってもらったのよ!」
 などと言っていたのだが、
「お父さん、それにしても、もうちょっと雛祭りっぽい音楽は無いものかね?」
 なんて言われて、オヤジはギクっとしてしまったのだ。
 僕の書斎から聴こえていたのは、ミルト・ジャクソン「ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ」だ。
「そうは言っても、雛祭りに合うようなCDは俺、持ってないぞ!そもそも、雛祭りに合う曲とはどんな曲じゃ?」
 そう言いながら、ゴソゴソとコーヒー片手に書斎へ引き返したのだ。
 さて、「ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ」だが、一曲目の「フランキー・アンド・ジョニー」からソウルフルでブルージーな世界が展開する。ライブ独特の客のざわめきの中から聴こえてくるレイ・ブラウンのベースが実にカッコイイ。そして、後半のミルト・ジャクソンのアドリブは、もうまっ黒。何ともゾクゾクするのだ。
「雛祭りには全然関係ないけど、何となく豪華な雰囲気でいいじゃない~。」
 そう思った事だ。
 このアルバム、大好きです。

 


[Music Milt Jackson]
関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ミルト・ジャクソン ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<デイヴィッド・リー・ロスの「イート・エム・アンド・スマイル」を聴いてみた。 | HOME | ザ・クラッシュの「ロンドン・コーリング」で反省した傲慢な音楽の聴き方の話。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/314-ed951623

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。