無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 土曜の午後は、こんなロックを聴きました。
RSS|archives|admin

土曜の午後は、こんなロックを聴きました。

2009.04.26 Sun
 4月も終盤になってオヤジの仕事もやっと落ち着き、はっきり言って暇になってきた。最近では7時前には家に帰って晩酌を楽しむ生活をしている。うちの会社は忙しい時と暇な時の差が激しいので、こんな事になるのだが、まぁ悪い気はしないのでのんびりと過ごしている。
 暇になると普段あまりやらない事をやってみるもので、先週このブログの過去記事を読み返していた。すると、3月の聴き流し日記で、
「4月は昔のロックアルバムを聴きまくろう!」
 などと能天気な事を書いているのが目に止まった。
 だからと言う訳でもないのだが、昨日3枚のロックアルバムを聴いた。今日はその辺のお話をしたいと思うので聞いて欲しい。
 さて、
「昔のロックを聴きまくろう!」
 などと言ってはみたものの、実際は、
「何から聴こうかな・・・?これは気分じゃないし、これはイマイチだし、これは喧しいし・・・。」
 そんな事を呟きながら、CDの棚の前でウロウロするうちに、オシッコに行きたくなったりして、とにかく一発目のアルバムを選ぶのがチョー大変だったのだ。
いとしのレイラ すったもんだ悩んだ挙句に選んだのは、デレク&ザ・ドミノス「いとしのレイラ」
「マトモじゃん!もうちょっと、ひねってもらいたかった。」
 そんな声がしそうだが、結局はこういうアルバムに落ち着く所がオヤジなのだ。
 で、アルバム「いとしのレイラ」なのだが、よくよく考えてみると、僕がいわゆるサザン・ロックの音に触れた最初のアルバムがこの「いとしのレイラ」だったと思うのだ。たぶん中学の終りか高校に進学したばかりの頃だったと思う。
 当時の僕はクリーム時代のクラプトンに若干の拒絶反応を持っていたので、「いとしのレイラ」を聴いた時には、
「あぁ、これで俺もクラプトンが分かるような気がする・・・。」
 と、意味も無く安心した事を覚えている。でも実際は、アルバムタイトル曲「いとしのレイラ」のギターのリフに憧れ、終盤のボトルネック奏法に驚き、と、実にギター小僧的な聴き方をしていた訳で、このアルバム全体に流れるサザン・ロックの息吹を感じながら「いとしのレイラ」を楽しめるようになったのは、20歳をずいぶん過ぎてからの事だったと思うのだ。
 今回聴いても『大人の音楽』という気がして心が和む。年に2~3回は部屋で流すアルバムなので、特に驚くような内容では無いのだが、全体が一つの作品として実に完成度が高い名盤なのだ。クラプトンのみならず、デュアン・オールマンのギターも素晴らしい。アルバム「いとしのレイラ」は僕に大人のロックへの一つの道を示してくれた名盤だと思っている。
 とまあ、いい気になってクラプトンを聴き終わって次に頭に浮かんで来たのはジェフ・ベックなのだ。
ギターショップ 恥ずかしい事に、最近オヤジの頭の中はクラプトンベックがお互いリンクしている。2月に2人が同じステージに立ったコンサートが見たくてしょうがなかった思いが、いまだに頭の中で燻り続けているようなのだ。で、引っ張り出したのは、「ギター・ショップ」
「古いロックを聴きまくろう!」
 なんて合言葉とは裏腹に、(←おい!いつから合言葉になったんだ!?)ジェフ・ベックのこのアルバムは僕の記憶の中では比較的新しい。30歳代の前半の頃、通勤する車の中でよく聴いた記憶があるのだ。
 「ギター・ショップ」でのベックのギターは凄い。繊細で大胆かつ美しい。その上非常にテクニカルなのだ。ベースがいなくて、ドラム、キーボードの3人での演奏にも拘らず、そんな事が全然気にならない。僕は昔から、
「このアルバムこそ、ジェフ・ベックのギターテクニックの神髄が見え隠れする名盤だ!」
 と感じている。
「どこが、どうテクニカルなの?」
 と聞かれても上手く説明出来ないが、一言で言うと、
「何十年ギターを練習しても、絶対あんなには弾けない!」
 それが分かるアルバムなのだ。
 特に「ホェア・ワー・ユー」なんて曲は、
「一体どうやって弾いてるんじゃ!?不思議だ・・・。」
 と言いたくなってしまう。
 まぁ、ギターテクニックに驚く話ばかりしてもしょうがないのだが、僕はこれまでずっとこのアルバムをギターの事ばかり意識して聴いてきたので勘弁願いたいのだ。とにかく名盤。聴いた後は非常に疲れるのだ。
閃光 最後はニール・ショーンヤン・ハマー「閃光」というアルバム。
「なるほど・・・。そっちへ行ったか・・。」
 と思われるかも知れないけれど、御察しの通りジェフ・ベックからヤン・ハマーを思い出したのだ。少し前にジェフ・ベック「ライブ・ワイヤー」を聴き、その中のヤン・ハマーの演奏がなんとなく頭に残っていて、フッとこのアルバムが頭に浮かんだのだ。
 ヤン・ハマーというミュージシャンは、正直言うと好きでも嫌いでも無いのだが、こういったロック寄りでシンセサイザーを自由に操るキーボードプレイヤーがあまり頭に浮かばないせいか、昔から何となく気になる存在だった。
 一方、ニール・シェーンというギタリストは、ご存知のようにジャーニーのギタリストで、ギターシンセを使うイメージが僕の中にはある。そんな印象からか音色が非常に個性的で、かつ攻撃的な早弾きフレーズを連発するイメージを持っているのだ。
 こんな2人の共演アルバムにも拘らず、「閃光」は大昔に聴いた記憶があるだけで、内容は全く思い出せず、初めて聴くも同然のアルバムだった。
 頭の中では2人の壮絶なバトル演奏を予想してウキウキしていたけれど、いざ聴き始めると、何とまあ正統派ロックのリフを大事にして、アンサンブルに注力した曲が多い。オヤジとしては、ちょっと予想外で、
「あらら!?」
 てな感じで、拍子抜けしてしまった。
 でも、キチンと聴き所はいくつかあって、特にアルバムタイトル曲の「アントールド・パッション(閃光)」は泣きのギターと泣きのキーボードが絡む感動のナンバーだと思った。
 余談だけれど、バックで演奏するベースが異常に元気なのだ。このミュージシャンは一体誰だ?一人大騒ぎしている感じがして笑ってしまった。
 さて、昨日聴いたアルバムのお話はここまで。今回は歌無しの曲も多かったせいか、これだけのアルバムを続けて聴くと、演奏に聴き入ってしまい、ドッと疲れてしまった。少し反省して、今日はもうちょっと軽くて能天気なロックが聴きたいと思っている。
「さて・・・何を聴くかな・・・・・・いかん!オシッコがしたくなった・・。」
 ではまた。

  
[Music Eric Clapton] [Music Jeff Beck] [Music Jan Hammer] [Music Neal Schon]
関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : エリック・クラプトン いとしのレイラ デレク&ザ・ドミノス デュアン・オールマン ジェフ・ベック ギター・ショップ ヤン・ハマ- 閃光 ニール・ショーン |
Category: 自分勝手な話 | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |
<<ハンク・モブレーの「ディッピン」を聴いてみた。 | HOME | アート・ペッパーの「モダン・アート」を聴いてみた。>>

こんにちは

ジェフ べックをYOU TUBEで聞きながら、、、。

主人に言わせると彼の音楽を 友人とストーンになって 80年代によく聞いたそうです。
グレイト ギターリストだといってます。

- | Ba-chama | URL | 2009.04.27(Mon) 08:39:49 | [EDIT] | top↑ |

>Ba-Chama様

そうなのです。ベックはグレイト・ギターリストだと思います。
どうやって弾いてるのかが想像できないギタリストは、そうそういるもんじゃないですよね。
すごいもんです。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.04.27(Mon) 12:33:52 | [EDIT] | top↑ |

おはようございます。

ドミノスのレイラは
デュアン・オールマンの
スライド・ギターがさえてますよね。
確か事故で亡くなったんでしたっけ?
惜しい人を亡くしました。
惜しい人といえば、ニューオリンズの
スヌーク・イーグリンも
最近病死したようですよ(T-T)
- | ようへい | URL | 2009.04.29(Wed) 10:15:04 | [EDIT] | top↑ |

もうこれは水戸黄門の印籠のごとしですね

「いとしのレイラ」はほんま最高ですね♪
クラプトンのアルバムの中でこれは特別中の特別ですよ!


名曲は時には男と女を引き寄せる
アイテムになるときがあります。

- | まり | URL | 2009.04.29(Wed) 13:30:33 | [EDIT] | top↑ |

>ようへい様

そうそう、デュアン・オールマンはスライドギターの名手ですよね。
このアルバムは、二人のギターを聴いてるだけで、満足できますよね。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.04.30(Thu) 11:24:50 | [EDIT] | top↑ |

>まり様

わはははは~。
「水戸黄門の印籠」
よく分かります。
このアルバムをかざされると、土下座しちゃうかもな・・。(笑)
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.04.30(Thu) 11:27:28 | [EDIT] | top↑ |

ジェフ・ベックは最高!

ジェフ・ベックは音楽性もテクニック?もお姿もすごい好き、最高にかっこいいギターリストだと思います。
まあ、私は音楽はしろうとだから専門的なことはわかりませんが。
爆音をかなり爆音にして聴くのが好きです。

やっぱ今年も来日公演行けばよかったと後悔しています。また来ないかな~。
3iNXO6Ik | pooh | URL | 2009.04.30(Thu) 23:40:34 | [EDIT] | top↑ |

>pooh様

「爆音をかなり爆音にして聴くのが好き」
って、若いなあ・・・。
俺、最近そういう聴き方してないもんねぇ~。
この休みは爆音でロック聴いてみるか。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.05.01(Fri) 12:25:25 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/340-715ca199