無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ケニー・ドーハムの「静かなるケニー」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ケニー・ドーハムの「静かなるケニー」を聴いてみた。

2009.06.23 Tue
静かなるケニー 2~3日前に、レンコンのキンピラをつまみに焼酎を飲んでいて、ケニー・ドーハム「蓮の花」の事を突然思い出した。
「そのままじゃないか!」
 と言われそうだが、情けない事にオヤジの頭の中では食い物と曲が直結している上に、その発想も全然ひねった所が無くて単純極まりないのだ。そうは言っても、頭に浮かんだモノはしょうがない。早速「蓮の花」を聴く為に、アルバム「静かなるケニー」を流してみた。 
 ケニー・ドーハムのトランペットは、ハイトーンの高速演奏で聴く者の意表を突く事も、ミュートを効かせた緊張感溢れる演奏で聴く者を疲れさせる事も無い。ただ、実直に音楽に向き合い、素直に腹の中から出てくるフレーズを淡々と吹き流しているように聴こえる。
 その上、彼のトランペットは、音色がとても優しい。楽器の音と、ミュージシャンの人間性を重ね合わせるなんて、実にナンセンスで、オヤジの勝手な妄想である事は十分に分かっているが、それを承知で言わせてもらうと、
「『静かなるケニー』というアルバムは、いつ聴いてもケニー・ドーハムの優しく実直な人柄が色濃く反映されている!」
 そんな気がしてならないのだ。
 そして、
「こういう人物が吹くから、『蓮の花』みたいな名演が生まれるんだよなぁ~。」
 オヤジは、こう解釈しているのだ。
 この解釈には様々な意見、御指導、御鞭撻、ありそうですが、こういう勝手な解釈の元、焼酎とレンコンのキンピラをより美味く頂いた事は間違いないのだ。

 
[Music Kenny Dorham]
関連記事


Theme:JAZZ | Genre:音楽 |
FC2タグ : ケニー・ドーハム 蓮の花 静かなるケニー |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<マライア・キャリーの「グリッター」を聴いてみた。 | HOME | 「メシアが再び」で頭に浮かぶ、浴衣と足袋のチークダンスの話。>>

きんぴらとジャズ

こんばんは~。
このアルバム好きですよー。
ジャズ聴きながら焼酎ときんぴらっていいですね。
私も今聴き返しています。ビールと漬物、ツナサラダで。。
本当優しい音色ですね。とっても落ち着きますね。
ところで、テンプレート替えたんですね。
なんかおしゃれな雰囲気でいい感じですよ~。
3iNXO6Ik | pooh | URL | 2009.06.27(Sat) 01:30:37 | [EDIT] | top↑ |

>pooh様

なるほど!
って思ったんですけど、
このアルバム、漬物が合いそうな気がします。
理由は分からないけど。(笑)
今度聴く時は、漬物と冷酒にしてみよう!

- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.06.29(Mon) 10:39:15 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/364-0951000e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。