無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ジョニー・ウィンターの「デラックス・エディション」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジョニー・ウィンターの「デラックス・エディション」を聴いてみた。

2009.07.21 Tue
デラックス・エディション 1年程前の事だが、友人の女医さんの所へ夫婦で遊びに行った事がある。遊びに行ったと言っても、家に行った訳ではなく仕事場へお邪魔して健康に対するアドバイスを受けたのだ。そこでこの女医さんから、
「まぁ、夫婦で運動して痩せる事ね。」
 そう言われた事を思い出した。
 なぜ、そんな事を思い出したかというと、ジョニー・ウィンターのベストアルバム「デラックス・エディション」のジャケットを眺めていたからだ。
 このジョニー・ウィンターの不気味な風体を見てもらいたい。彼がアルビノであるという点を除いても、これほど痩せ細った体に入ったタトゥーは実に痛々しく、見ている方はショックを受けてしまう。同じ痩せるにしても、この風体からは不規則な生活と、酒と麻薬の香りしか浮かんで来ない。とにかく、
「わざわざ、ジャケットにして公衆の面前に晒さなくても・・・・。」
 と思ってしまうのだ。
 さて、アルバムの中身の方だが、こちらは、
「この体の何処からこれほど熱い音楽が出てくるんだ?」
 と、いささか不思議になるぐらいパワーに溢れている。決して甘いブルースなんかじゃなく、キンキンな硬質の音で攻めるとんがったブルースなのだ。こういうのは絶対に白人にしか出来ないブルースであり、黒っぽいブルースに慣れているオヤジは、普段とは違うツボを刺激されて、不思議な感覚を覚えるのだ。
 そういえば、ジョニー・ウィンターはまだ一度も来日してない。
「こういう人もいるんだなぁ・・・。」

 
[Music Johnny Winter]
関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ジョニー・ウィンター ギター デラックス・エディション |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<安室奈美恵の「181920」を聴いてみた。 | HOME | 2009年6月某日の聴き流し日記>>

このアルバムではないが

ジョニー・ウィンターはウチにもあります。
こうして土佐のオヤジさんに プッシュしてもらって
聴くのもいいですね~

ギターはブルースばりばりな感じでしたね。
ブルースも遠ざかってたのでちょうどいい機会です。
- | まり | URL | 2009.07.21(Tue) 20:26:12 | [EDIT] | top↑ |

>まり様

ジョニー・ウィンター好きですか?
たまには、こういうブルースも面白いと思います。
聴いてみてね~。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.07.22(Wed) 08:25:23 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/376-42308238

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。