無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 稲穂とモンク
RSS|archives|admin

稲穂とモンク

2009.07.25 Sat
稲穂-撮影:高知県南国市前浜 いきなり稲穂の画像をアップしてしまった。
 何故かというと、デジカメを買い替えたのだ。で、嬉しくなって先週末から、その辺の目に入るモノを何でもかんでも撮影して喜んでいたのだ。でも、2~3日前からちょっと冷静になって、撮影したたくさんの画像を見ながら、
「だから、何なんだ?」
 なんて思っていた。しかし、今回アップした稲穂の画像は綺麗で気に入っている。撮影場所は高知県南国市だ。
 この画像を見てオヤジは、
『実るほど、頭(こうべ)を垂れる稲穂かな。』
 ということわざが頭に浮かんだ。
「偉い人物ほど謙虚だ」という意味で、オヤジは自分の事は棚に上げて、よく子供達に説教する時にこのことわざを使う。
 改めて、
「まぁ、何事も謙虚さが大切なんだな。」
 そう考えながら、フッと、
「頭を垂れる稲穂みたいに、大物だけど謙虚で腰が低そうなジャズ・ミュージシャンって誰だろう・・・?」
 そんな馬鹿馬鹿しい事を考えた。
 マイルスパーカーコルトレーンパウエルなんて考えたけれど、どれもダメ。
「まあ、そんな奴はいないよなぁ~」
 と諦めかけた時、
「そうじゃ、モンクはどうだ?」
 そう思ったのだ。
 セロニアス・モンクというピアニストは、よく“変わり者”だと言われるが、変わり者なのは彼の音楽の方で、誰でも初めて聴いた時にはその異様な個性に拒絶反応がおきると思うのだ。でも、よくよく耳を傾けると、彼の音楽は、真剣に自分の内面から出て来る感情を音にしようと苦心した結果のモノであり、一つ一つの音に懸ける情熱の深さをビンビン感じる事が出来る。
 で、このように自分の精神世界を見つめて、それを少しずつ正直に表に出して、
「すいません、こんな音楽になりましたけど、どうですか?」
 的に世間に問う作業というのは、正直で謙虚な人間じゃないと出来ないような気がしてならないのだ。
「じゃあ、コルトレーンはどうなのよ?」
 と言われそうだが、確かにコルトレーンの音楽はモンクの音楽よりも精神世界を感じるかも知れないけれど、それを世に問う方法で言えば、何もかもを延々とさらけ出し、垂れ流す印象のコルトレーンよりも、断然モンクの方が謙虚で慎み深いと感じてしまうのだ。
モンクス・ミュージック なんて、また独断と偏見に満ちた勝手な話を続けているが、こんな事を考えていても全然面白くないので、モンクのアルバムを流す事にした。謙虚さを感じるならピアノソロのアルバムが良いかも知れないが、聴こうとするオヤジが全然謙虚じゃないので、楽しいモンクの方が断然聴きたい。そんな訳で、「モンクス・ミュージック」にした。
 このアルバムを聴いていると、
「当り前の事かも知れないけど、モンクの音楽ってのは、本当に個性的だよなぁ・・・。」
 と改めて感じてしまう。
 モンクのピアノからは、ズレてるのか合ってるのか紙一重の音が続く。でもそれがモンクの個性であり、キチンと素晴らしいジャズになっている。聴けば聴くほど違和感が無くなり、不思議な和音が快感に変わってゆく。こんな演奏、誰も出来ない。モンクしか出来ないのだ。・・・・って、個人的にセロニアス・モンクが好きで、彼の音楽がオヤジの耳には素晴らしく偉大なモノに聴こえるせいもあり、少々興奮気味なアルバム話になってしまった。申し訳ない。
 ちょっと冷静になって考えてみると、今回、稲穂からモンクを連想した事は、自分では結構良かったと思っている。というのも、オヤジはこれから年齢を重ねるに従って、ジジイの領域に入ってゆく。多分現在よりも傲慢になり、他人の話に耳を傾けない馬鹿爺さんになりそうな気がしてならないのだ。そんな時に、頭を垂れた稲穂を思い出すモンクのアルバムを聴くと、一瞬でも自分の傲慢さを恥じ、謙虚な爺さんへの方向転換が出来るような気がするからだ。
 人生、常に頭を垂れた稲穂でありたいと思うのだ。

Thelonious Monk - Epistrophy


 
[Music Thelonious Monk]
関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : セロニアス・モンク モンクス・ミュージック |
Category: 自分勝手な話 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |
<<ミスター・ビッグの「アクチュアル・サイズ」を聴いてみた。 | HOME | 安室奈美恵の「181920」を聴いてみた。>>

謙虚

『実るほど、頭(こうべ)を垂れる稲穂かな。』

私も頭に入れておこう。

いいお話でした。
 
- | ba-chama | URL | 2009.07.27(Mon) 13:47:28 | [EDIT] | top↑ |

こんばんは!
ジョニー・ウィンターは聴いてすごく良かったですよ。
セロニアス・モンクもありますが聴いたことが一度もない(^_^;)

どんな精神状態のときに聞けばいいのかなあ・・・
謙虚というのは、地味なんだけど
非常に大切なことです。


信頼してる人やブログに失望を感じるのは
謙虚の姿勢がないと感じるときですよね。

読者は単なる読者にあらず
一人の人間であることを忘れてはなりませんね!
- | まり | URL | 2009.07.27(Mon) 20:43:43 | [EDIT] | top↑ |

>ba-chama 様

イイことわざでしょう?
オヤジは子供の説教用に使ってます。
自分の事は、おもいっきり棚にあげてます。(笑)
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.07.28(Tue) 08:33:10 | [EDIT] | top↑ |

>まり様

モンクを聴く精神状態ですか?
・・・難しいですねぇ~(笑)
僕としては、ハイな時に聴いて欲しい。
彼の音楽は楽しいモノだと思うから。

読者は一人の人間。
ホントそう思います。
他人のふり見て、我がふり直せ!
僕も謙虚に生きたいですね。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.07.28(Tue) 08:38:23 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/378-f0d72290