無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ミスター・ビッグの「アクチュアル・サイズ」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ミスター・ビッグの「アクチュアル・サイズ」を聴いてみた。

2009.07.28 Tue
アクチュアル・サイズ 昔、ミスター・ビッグの記事を書いた時に、
「オヤジが中学生の頃にこのバンドが世に出ていたら、メチャクチャ憧れる存在に違いない云々」
 なんて事を書いた記憶がある。
 ミスター・ビッグの何に憧れるかと言えば、あのギターとベースの超早弾きテクニックに憧れる訳で、学ラン姿でニキビ面にギターを抱えて、
「凄いもんじゃ!凄いもんじゃ!」
 と騒いでいる自分の姿が頭に浮かんでくるのだ。
 さすがに中年になると、超早弾きを耳にしても、
「お~お~!御苦労さん!」
 的な感覚しか浮かばないが、一方で、オヤジが中学生だったら絶対に感じないであろう、ポップな曲調に強い魅力を感じている。
 「アクチュアル・サイズ」というアルバムは、肩に力が入った印象が無く、実にポップで聴き易いアルバムだ。バラエティーに富んだナンバーはどれも個性的で、それでいてアルバム全体としては上手くバランスがとれているのだ。売り物の壮絶テクニックも聴けるが、あくまでもソレは曲のお飾りとして上手い具合に使われており、初期のミスター・ビッグのアルバムのように、
「楽器好きには良いが、なんとなく間口が狭い感じのする音楽だよなぁ・・・。」
 そんな印象は無いのだ。
 オヤジとしては、ミスター・ビッグには、この路線でしばらく活躍してほしかったのだが、このアルバムで解散とは、実に残念な気がしている。

 
[Music Mr.Big]
関連記事


Theme:洋楽ロック | Genre:音楽 |
FC2タグ : ミスター・ビッグ アクチュアル・サイズ |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<スクービードゥーの「プラス・ワン・モア」を聴いてみた。 | HOME | 稲穂とモンク>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/379-d55128e0