無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ オーネット・コールマンの「ジャズ来るべきもの」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

オーネット・コールマンの「ジャズ来るべきもの」を聴いてみた。

2009.12.09 Wed
ジャズ来るべきもの 初めて聴く時、
「何じゃコレは?馬鹿じゃなかろうか・・・?」
 と思うアルバムが時々ある。
 ミュージシャンも馬鹿を承知で演奏しているのなら聴く方も楽しいのだが、大真面目で演奏した音楽が馬鹿に聴こえる事があるので困るのだ。
 僕の経験上、大真面目な馬鹿は大化けする事が多い。つまり、
「馬鹿に聴こえるけど、これが個性なんじゃ!」
 と気が付き、何度か聴いて頭にこびりつく頃には大いに気に入って、
「名盤じゃ!名盤じゃ!」
 と言いたくなってくるという事なのだ。
 オーネット・コールマン「ジャズ来るべきもの」も最初の印象は馬鹿だった。
「お前ら、真面目にやっとるのか!?」
 と言いたくなった。でも何度か聴くうちに、微妙にずれた演奏の間に見え隠れする、『普通じゃない何か』の存在に気が付き、だんだんと分かるようになって来たのだ。まぁ
「名盤じゃ!名盤じゃ!」
 と叫ぶほど気に入っている訳ではまだ無いのだが・・・・・。
 オーネット・コールマンというとフリー・ジャズの開祖のように言われるが、そんなヤヤコシイ事は考えないで、「ジャズ来るべきもの」は、
「なんやオモロイで~。聴いてみなはれ!」
 と、軽く関西弁でお薦めしたくなるアルバムなんだと思うようにしている。

 
[Music Ornette Coleman]

関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : オーネット・コールマン ジャズ来るべきもの |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<オヤジ、はしゃいでます。 | HOME | ダイアナ・ロス&スプリームスの「アルティメイト・コレクション」を聴いてみた。>>

大好き

オーネット・コールマンこそ私が一番好きなタイプのジャズをやってくれる人です。
このアルバムもいいけど、「フリー・ジャズ」もいい。フリージャズって目茶苦茶、わけわからない、
意味わからないって思う人が多いけど(ジャズ好きな人でもそういう人いますね)、ちゃんと聞いてないんじゃあないかなと思います。
「フリージャズ」なんてすごくまとまりあった聴きやすいです。
他のアルバムも数枚持ってますが、楽しくて最高!

数年前、来日した時LIVE行ったんですが、最高によかったです。
もう幻想の世界に行ったみたいにふわふわした雰囲気ですごかったですよ。
みんなもっとフリーを聴いてほしいな。
フリー・ジャズこそ一番自由で想像力かきたてる芸術的音楽だと思います。
ってヘンタイって思われるからあんまり言えないけど。。
3iNXO6Ik | pooh | URL | 2009.12.14(Mon) 08:28:11 | [EDIT] | top↑ |

>pooh様

いえいえ、ヘンタイなんてとんでもない!
僕もこれより「フリージャズ」の方が好きですよ。
でも、やっぱ聴く回数は少ないかな・・・。
Poohさんぐらい入り込めればいいのですが、まだまだ修行が足りないという事かもしれません。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2009.12.14(Mon) 09:59:58 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/431-57fe2a59