無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ドゥービー・ブラザーズの「ミニット・バイ・ミニット」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ドゥービー・ブラザーズの「ミニット・バイ・ミニット」を聴いてみた。

2010.03.05 Fri
ミニット・バイ・ミニット 先週の土曜日は雨だった。最近雨が多い。
 まぁ、ひと雨毎に暖かくなり、春が近づいていると思えば悪くないが、花粉症のオヤジとしては、暖かくなって杉の木が元気になるのが迷惑でしょうがない。今年もまた目の痒みと鼻水の攻撃に立ち向かう事を思うと憂欝になってくるのだ。
 でもこの苦痛を乗り越えると大好きな夏がやってくる。
「暖かいというよりも、暑いぞ!」
 くらいの陽射しの中で、Tシャツとジーンズとゴム草履スタイルで缶ビールを飲む生活が待ち遠しいのだ。そして、
「こんな時にバックで流すのは何がイイだろう?」
 なんて考えてみると、ドゥービー・ブラザーズ「ミニット・バイ・ミニット」がパッと頭に浮かんだ。
「ドゥービー・ブラザーズって、夏に合うよなぁ~。それに、このアルバムはドゥービーのアルバムの中でも3本の指に入る名盤なのだ!」
 そう思っているので頭に浮かんだのだが、その「ミニット・バイ・ミニット」、それまでの泥臭い西海岸ロックのイメージから、70年代終りから80年代前半にかけて最もカッコ良かったAORサウンドへ大変身したドゥービー・ブラザーズを楽しむ事が出来るのだ。
 要するに、
「夏の暑い日に、ビール片手にAORサウンド全盛だった当時の事に思いを馳せたい!」
 という事なのだが、それにしても、
「結局俺って、あの当時の音楽が一番好きなんだよなぁ・・・全然進歩してないぞ・・・。」
 そう思い、少し焦ってしまった。

 
[Music Doobie Brothers]

関連記事


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : ドゥービー・ブラザーズ ミニット・バイ・ミニット |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<ハンク・モブレーの「ロール・コール」を聴いてみた。 | HOME | スティーヴ・ヴァイの「ウルトラゾーン」を聴いてみた。>>

NO SUBJECT

マイケル・マクドナルドのおっさんはフェイバリット・ブルー・アイド・ソウル・シンガー!
「What a fool believes」は不滅の名曲っすね!かっこえ~
XNZ/ohVo | ezee | URL | 2010.03.06(Sat) 21:45:54 | [EDIT] | top↑ |

>ezee様

多分、ezeeさんも好きなアルバムじゃないかと思ってました。おっしゃる通り「What a fool believes」は名曲ですね。いつ聴いても新鮮で感動できます。

- | 土佐のオヤジ | URL | 2010.03.08(Mon) 12:33:03 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/463-533eadc8