無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ハンク・モブレーの「ロール・コール」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ハンク・モブレーの「ロール・コール」を聴いてみた。

2010.03.08 Mon
ロール・コール 週末、吉野家で牛丼を食べた。久しぶりに食べて文句なく美味かったのだが、こういうファーストフードが時々無性に食べたくなる。吉野屋以外でも、マックにしてもケンタッキーにしても、突然体の中から、
「うお~~~っ、食いたい!食いたい!食いたいぞ~~~。」
 という欲求が湧きあがって来て、いてもたっても居られなくなるのだ。(←俺って変かな?)
 似たような欲求はジャズを聴く時にもある。
「高級フランス料理のようなマイルスやコルトレーンをかしこまって聴くよりも、牛丼みたいなハンク・モブレーの方が全然イイのだ!あ~~~っ聴きたい!聴きたい!聴きたいぞ~~~!」
 そんな欲求だ。
 こんな時、大体聴くのはモブレーの名盤「ソウル・ステーション」と相場は決まっているのだが、今回はチョイとひねって、「ロール・コール」にした。
 フレディー・ハバードがくっついているので、ちょっと豪華な「特盛」を食ってる気分で聴いたが、手軽に楽しめて、簡単にイイ気分になってしまう。
 ただ、このアルバム、モブレー本来のいわゆる「B級テナー」が、フレディー・ハバードのラッパに隠れ気味なのが少々不満だったが、全体に流れるファンキーな雰囲気は、
「さすがだ・・・。」
 と思った事だった。

 
[Music Hank Mobley]


関連記事


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : ハンク・モブレー フレディー・ハバード |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<カルメン・マキ&OZの「ライヴ」を聴いてみた。 | HOME | ドゥービー・ブラザーズの「ミニット・バイ・ミニット」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/464-61831cc2