無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ エイジアの「アルファ」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

エイジアの「アルファ」を聴いてみた。

2010.04.01 Thu
アルファ 突然なのだが、エイジアのアルバム「アルファ」を聴いていて、
「結局スティーヴ・ハウってのは、イエスにいてこそのスティーヴ・ハウなんだよなぁ・・・。」
 なんて事を考えてしまった。
 そもそも、エイジアのアルバムにスティーヴ・ハウの複雑なギタープレイを期待する方が間違っている上に、中でも「アルファ」はスティーヴ・ハウの存在が非常に薄いアルバムである事は重々承知しているのだが、所々で顔を出す彼独特のフレーズに、ついつい
「おっ!」
 となり、
「また出るか!?フフフフッ!」
 なんて期待しているうちに曲が終ってしまい、不完全燃焼を繰り返す。「アルファ」でのスティーヴ・ハウはオヤジにとっては実に厄介な存在なのだ。
 反対にスティーヴ・ハウの事を全然意識しないように努めて「アルファ」を聴くと、
「ポップな曲の中にも、キチンとプログレっぽいドラマティックな展開もあり、悪くはないわなぁ・・・・。」
 なんて事も考えるのだが、いずれにしろ不完全燃焼的な気分に変わりはない。
 勝手な話だが、もしもエイジアにスティーヴ・ハウが参加していなかったら、今の何倍もエイジア「アルファ」も好きになっていたような気がするのだ。

 
[Music Asia]

関連記事


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : エイジア アルファ スティーヴ・ハウ |
Category: Progressive | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<マイルス・デイヴィスの「リラクシン」を聴いてみた。 | HOME | ゲイリー・ムーアの「コリドーズ・オブ・パワー」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/470-43d18347