無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ アール・クルーの「フィンガー・ペインティング」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

アール・クルーの「フィンガー・ペインティング」を聴いてみた。

2010.08.17 Tue
フィンガー・ペインテイング 先週、高校の時に世話になった下宿屋の前を車で通りかかった。近くに大きな幹線道路が出来て、周辺の風景は一変したが、その下宿屋だけは僕が住んでいた当時のまま残っていて、少しの間車を止めて青春時代を過ごした建物を眺めた事だった。
 面白いもので、こういうのを見ると、高校生の頃の下宿生活が次々に頭に浮かんでくる。最初は、僕が下宿の部屋で一人音楽を聴いている情景が浮かんだのだが、どうもこれは前日アール・クルーのアルバム「フィンガー・ペインティング」を聴いたせいだと思うのだ。
 僕がその下宿で「フィンガー・ペインティング」を聴いていたのは高校3年生の時で、多分、同級生の誰かがカセットテープにダビングしてくれた音源だった記憶がある。
 「フィンガー・ペインティング」は、僕が最初に聴いたアール・クルーのアルバムで、中学高校とクラシックギターを弾いてきた僕は、強い衝撃を受けた事を覚えている。
 当時流行りの一流ミュージシャンをバックに従え、大好きなフュージョン的なアプローチをクラシックギターで見せる彼の世界は、
「そうか!クラシックギターだからと言って、他のジャンルを演奏してはいけないという事は無いんだ!」
 と、僕に思わせ、聴き進むうちに、
「おいおい、下手なエレキギターよりも、ずっとお洒落でカッコイイやないか!」
 なんて思った事だった。
 そして、このお洒落な雰囲気は、当時憧れていた東京への想いと重なり、
「絶対に卒業したら東京の大学へ行きたい。」
 なんて事を考え、一方では、
「こういう洒落た音楽をバックに女の子を口説いてみたいもんじゃ・・・。」
 なんて馬鹿馬鹿しい事も真剣に考えていたのだ。
 「『フィンガー・ペインティング』にはオヤジの下宿生活の一端が凝縮されている。」
ふとそんな事を感じたのだ。

Earl Klugh-Dr. Macumba


 
[Music Earl Klugh]



関連記事


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : アール・クルー フィンガー・ペインティング |
Category: Jazz/Fusion | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |
<<アレサ・フランクリンの「フリー・ソウル・クラシック・オブ・アレサ・フランクリン」を聴いてみた。 | HOME | クイーンの華麗なるレースを聴いてみた。>>

NO SUBJECT

こんばんは
アール・クルーは実は初めて聞きました。
が、初めての感じがしないのは、私も当時”青春”だったからか、はたまた同じ系統の曲を聴いていたからか・・。吹奏楽部だったのでハーブ・アルパートとかチャック・マンジョーネとかフュージョンでもホーン楽器の曲が多かったのですが、さも自分が聴きなれていた感覚になりました。
- | みっきい | URL | 2010.08.17(Tue) 23:01:02 | [EDIT] | top↑ |

>みっきい様

分かります、分かります。
僕も初めて聴いたアルバムでも、聴き慣れた感覚になる事が多々あります。
ほとんどが、70年代終りから、80年代初頭のフュージョンですけど。(笑)
いやはや、青春です。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2010.08.18(Wed) 08:59:12 | [EDIT] | top↑ |

こんにちは

土佐のオヤジさん、こんにちは。
暑いですね。夏バテ大丈夫ですか?

私も、アール・クルー聞いたのは高校生。
いつも好きで姉といっしょに通っていた小劇団のお芝居の開演待ちのときにかかっていました。
実はその時は、それと知らず「なんか、物哀しい。いい曲だな~。」 って思ってて。

青春時代の思い出。いいことも悲しいこともいっぱいあったあの頃。
また聴いてみたいけど、涙なみだできっと聞けなくなっちゃうだろうなと。。
だから思い出は心の中に、って今はまだそんな心境です。
3iNXO6Ik | pooh | URL | 2010.08.29(Sun) 15:29:07 | [EDIT] | top↑ |

>pooh様

なるほど・・、きっと素晴らしい思い出があるんでしょうねぇ~。
「思い出は心の中に・・・。」
なんて、イイよなぁ~。
もし、アール・クルーを聴く事があれば、その辺の話、是非聞いてみたいと思います。ブログにアップ、期待してます。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2010.08.30(Mon) 10:09:37 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/503-1361a8ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。