無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ホワイト・スネイクの「レストレス・ハート」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ホワイト・スネイクの「レストレス・ハート」を聴いてみた。

2011.02.01 Tue
レストレス・ハート 地味だけど渋いアルバムというのがある。
 イーグルスで言えば「ロング・ラン」、エリック・クラプトンで言えば「オーガスト」、ディープ・パープルで言えば「カム・テイスト・ザ・バンド」みたいなアルバムだ。
 これは超個人的な感覚なので、反論もあろうかと思うけど、これらのアルバムは、
『アーティストの本来のイメージからは、ちょっと離れた所にあるけれど、1枚のアルバムとして聴くと良い曲が詰まっていて、あなどってはいけない名盤なのだ・・・。』
 とまぁ、そんな風に思っている。
 ホワイト・スネイク「レストレス・ハート」も同じだ。
 オヤジは昔、初めてこのアルバムを聴いた時に、
「ああ、こりゃ~ホワイト・スネイクと言うよりも、デヴィッド・カヴァーデルのソロアルバムだなぁ~。」
 そんな事を感じた事を覚えている。
 確かに、ホワイト・スネイクデヴィッド・カヴァーデルがフロントマンで、他のメンバーがくるくる入れ替わるややこしいバンドなので、そう聴こえるのも当然なのだが、ホワイト・スネイクというバンド名を名乗る以上、オヤジとしては、バンドとして一体となったスタイルを感じたいと思ってしまうのだ。
 しかし、この「レストレス・ハート」からはバンドとしてのスタイルなど全く感じられない。デヴィッド・カヴァーデル以外は完全に伴奏そのものなのだ。
 でも、逆に彼の歌だけを聴きたいならばこんな良いアルバムは無い。若い頃へ回帰したようなブルースナンバーや渋いバラード曲を思い入れたっぷりに聴かせてくれる。オヤジのようなカヴァーデル好きは、絶対聞き逃せないアルバムだと思っている。

 
[Music White Snake]


関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ホワイト・スネイク |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<2011年1月某日の聴き流し日記。 | HOME | チャカ・カーンの「エピファニー~ザ・ベスト・オブ・チャカ・カーン~」を聴いてみた。>>

おっしゃるとおりです。

私も最初にこの作品を聴いた時、ん? でしたが
聴き込むうちに「いいじゃん!」に変わりました!
カヴァーデルの素晴らしいヴォーカルを
堪能することができる作品ですよね!
まぁ、ホワイトスネイク名義でなくても
良かったんじゃないかな とも思いますが・・・。
- | ぶらうん | URL | 2011.02.01(Tue) 22:36:22 | [EDIT] | top↑ |

>ぶらうん様

そうなんです。
何か、カヴァーデルだけにスポット当てた洋楽アルバム・・・てな感じで。
悪くないけど、文句は言いたくなるのです(笑)
- | 土佐のオヤジ | URL | 2011.02.02(Wed) 07:10:58 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/549-139f2cc3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。