無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 南沙織の「17才」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

南沙織の「17才」を聴いてみた。

2011.08.23 Tue
17才 週末FMラジオを聴いていたら南沙織「17才」が流れた。すっかり忘れていた曲なので実に懐かしかったが、パーソナリティーの男性が、
「この人は、『うちの近所に住んでたらいいよなぁ・・・』なんて事を感じさせた最初のアイドルだった。」
 そんな事を言っていた。全く同感である。
 この曲が街に流れていた当時、オヤジは田舎の小学校の3~4年生だったが、南沙織の健康的で都会的な雰囲気が気に入って、
「こんな人が俺のお姉ちゃんだったらいいのになぁ・・・。」
 なんて事を真剣に考えた記憶がある。
 まぁ、色気づき始めるにはまだちょっと早い年齢だったので、それ以上の事は想像しなかったが、オヤジがテレビに登場する女性タレントを、
「イイよなぁ・・・」
 的な視線で見た最初の人は南沙織に間違いないと思うのだ。
 それにしても、「17才」でデビューした時の彼女は正に17歳。ジャケットを見て分かるように、現在の17歳のネエチャンと比べるとグッと大人っぽい。まだ芸能界でアイドル歌手というポジションがキチンと確立されていない頃なのか、現在のアイドルのデビューアルバムのように作り上げられた個性は無く、その代わり素顔だけで抜群の存在感を持っている。
 その上「17才」は歌詞が良い。南沙織の賢さがにじみ出るような歌詞なのだ。『走る水辺の眩しさ』とか、『好きなんだもの私は今、生きている』なんて詞の歌心はその辺の17歳では表現できないと思うのだ。
 う~む・・・名曲なり。しばらくの間、オヤジの鼻歌は「17才」になる予定なのだ。

17才 : 南沙織



[Music 南沙織]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 南沙織 17才 |
Category: J-Pop | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |
<<松任谷由実の「ロードショー」を聴いてみた。 | HOME | ザ・バンドの「ラスト・ワルツ」を聴いてみた。>>

大人っぽくて さわやか

森高千里もカバーしてたけど 断然 南沙織がいい♪
「ともだち」「想い出通り」「早春の港」「潮風のメロディ」など 彼女のイメージと重なる名曲も魅力ですよ!
素顔で あれだけの美貌だし 聡明なところも 単なるアイドルじゃないですね!
- | まり | URL | 2011.08.28(Sun) 21:45:26 | [EDIT] | top↑ |

>まり様

そうか、カバーしてたのは、森高千里か!
でも南沙織のオーラには勝てませんね。
この人、見れば見るほど不思議な人で、美貌だけじゃなく、知的な雰囲気を感じる所が凄いと思います。
おっしゃる通り、単なるアイドルではないかと・・。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2011.08.29(Mon) 12:54:02 | [EDIT] | top↑ |

やばい!笑

自分も鼻歌が17才になってしまいました。いい歌ですねえ。でもって、かわいい!
オヤジさんのブログ、遅ればせながら携帯からも見られるようにしましたー\(^o^)/
- | 波野井露楠 | URL | 2011.08.29(Mon) 18:30:15 | [EDIT] | top↑ |

>波野井露楠様

へ~~!
このブログ、携帯で見られるの?
考えた事もなかったわ。
元来携帯音痴で、電話しか使わないオヤジなので、そんな事が出来るなんて知らなかったわ。
興味あるなぁ・・・どんなになるんだろ??

話は変わるけど、鼻歌仲間ですな(笑)
- | 土佐のオヤジ | URL | 2011.08.30(Tue) 10:55:49 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/598-e7d85e71