無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ フォープレイの「ベスト・オブ・フォープレイ」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

フォープレイの「ベスト・オブ・フォープレイ」を聴いてみた。

2011.11.15 Tue
ベスト・オブ・フォープレイ 大学での4年間ベースを弾いていたせいか、ギタリスト同様にベーシストにも関心がある。オヤジの中で不動の1位ベーシストはマーカス・ミラーで、コレは30年近く変わっていないが、一方で大学生の頃から現在まで色々なベーシストが好きになり、ある時はコピーをしたり、またある時はライブに出かけたりと結構マメにチェックしてきたつもりだ。
 ネイザン・イーストというベーシストが好きになったのも大学生の頃で、多分カシオペアのアルバム「4×4」が最初だったと記憶しているが、
「独特のグルーヴ感がある上手いベーシストだなぁ・・。」
 そう思った事を覚えている。
 現在は、ネイザン・イーストが奏でる懐かしいグルーヴ感を味わいたいと思うと、フォープレイのアルバムを流す事にしている。
 ネイザン・イーストは勿論の事、超一流のミュージシャンが奏でるフォープレイの演奏は、当時の匂いを残しながらも確実に進歩したフュージョン音楽で、いつ聴いてもオヤジの頭の中を懐かしさと新鮮さが一緒に駆け巡る事になるのだ。
 今回、久しぶりに流したのは「ベスト・オブ・フォープレイ」なるアルバムで、フュージョンに馴染が無い人間にいきなり聴かせたとしても、
「ほぉ・・・悪くないじゃないの?」
 くらい言わせる自信がある1枚だ。
 一曲一曲の完成度が高いのはベストアルバムなので当然としても、緊張感の中に漂う余裕が大人の音楽を感じさせ、聴く者を洒落た音の世界へいざなうのだ。
 皆様、騙されたと思って、一日の終りにこのアルバムを美味い酒片手に聴いてみなはれ。
「人生そんなに悪いモンじゃない・・。」
 なんて事を一瞬でも感じる事があると思うのだが・・・いかがかな?

 
[Music Fourplay]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : フォープレイ ベスト・オブ・フォープレイ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<マイケル・ジャクソンの「BAD」を聴いてみた。 | HOME | サラ・ヴォーンの「枯葉」を聴いてみた。>>

リラックスできます。

今週は激務が続き、寝る前に彼らの2nd「ビトゥイーン・ザ・シーツ」を聴きながら僅かでありますが至福の時間を過ごしていました。肩の力を抜いて聴けるゴージャスで豊かなサウンドが気持ち良いんですよね。
- | ぶらうん | URL | 2011.11.19(Sat) 13:06:27 | [EDIT] | top↑ |

>ぶらうん様

2ndもいいですよね。大好きです。
コノ人達のフュージョンは安心感があるから良いと思います。鉄板です。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2011.11.21(Mon) 05:51:40 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/620-b62f0373

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。