無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ジョニ・ミッチェルの「逃避行」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ジョニ・ミッチェルの「逃避行」を聴いてみた。

2012.01.24 Tue
逃避行 今年に入ってから、サード・ワールドとか、ジプシー・キングスとか全く季節感を無視したアルバムを聴いては喜んでいた為に、少し反省して、
「寒い冬の日に流すのは、どんなアルバムが良いのかねぇ・・・?」
 なんて事を真面目に考えてみた。ところがピッタリのアルバムがなかなか頭に浮かんでこない。春・夏・秋に聴きたいアルバムはスラスラ浮かぶのに、冬だけが一向に出てこないのだ。邦楽ならまだしも、洋楽・ジャズとなると全くダメで、
「雪の降る景色を眺めながら聴く音楽と言えば演歌だろ!」
 などとオヤジ全開の発言をしたくなったりするのだ。
 そんな中、なんとか頭に浮かんだのが、ジョニ・ミッチェルのアルバム「逃避行」だった。単にジャケットが冬っぽいのだ。でもこのアルバム、久しぶりに聴いてみると中身もジャケット同様に十分冬っぽい気がしたので、
「お!やっと見つけたぞ!」
 と、小さくガッツポーズをしてしまった。(←嘘です。でもそんな気分だったのだ。)
 で、アルバム「逃避行」の話だが、昔オヤジが「逃避行」を聴こうと思ったのは、ジョニ・ミッチェルへの関心よりも、ベーシストで一部の曲に参加しているジャコ・パストリアスの方に関心があったからだ。大学生の時に知人からこのアルバムの話を聞いた時に、ジョニ・ミッチェルとジャコがどうやっても頭の中で結び付かなくて、いざ耳にするまでは半信半疑、
「ジョニ・ミッチェルとジャコなんて、絶対にヘンテコな曲になるに違いない!」
 そう思っていたのだ。実際は彼女の独特のボーカルとジャコの複雑なベースラインが絡み合い、そこから生まれる不思議な曲を堪能したのだが、
「でもやっぱりちょっとヘンテコだなぁ・・・。」
 なんて事も感じていたのだ。今回もこのヘンテコ感を完全に拭い去る事が出来なかったが、『それはあくまでもジョニ・ミッチェルの個性で、オヤジが気に入る、気に入らないの範疇ではない』という事は十分に分かっているつもりなのだ。って、イカンイカン、ジャコとの共演曲の話ばかりしてしまった。勘弁してくれ。今日はここまで。

COYOTE @ HEJIRA - JONI MITCHELL


 
[Music Joni Mitchell]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : ジョニ・ミッチェル 逃避行 |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<アル・ディ・メオラの「エレクトリック・ランデブー」を聴いてみた。 | HOME | ジェフ・ベックの「エモーション・アンド・コモーション」を聴いてみた。>>

音楽の異文化交流

存在感のある者同士、不思議な音楽ですね♪
こういった個性と個性のぶつかり合いも 聴いていると楽しげです。
ジャコにすり寄らない 彼女が立派に感じます!
- | まり | URL | 2012.01.28(Sat) 16:22:47 | [EDIT] | top↑ |

>まり様

確かに立派な感じはしますね。
それぞれ自分の個性をぶつけ合って妥協してない所はさすがと思います。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2012.01.30(Mon) 15:08:14 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/637-5355cd66