無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ チャック・マンジョーネの「フィール・ソー・グッド」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

チャック・マンジョーネの「フィール・ソー・グッド」を聴いてみた。

2012.04.17 Tue
feels so good ジャズ関連の色々な本を読んでいると、
「ジャズの花形はトランペットだ!」
 という人が圧倒的に多く、その辺の気持ちはよく理解出来る。トランペットは非常にストレートで派手な楽器であり、一方ではミュートを生かした渋いプレイも可能で、マイルスクリフォード・ブラウンチェット・ベイカー、新しくはウィントン・マルサリス(←全然新しくないけど、オヤジの中では比較的新しいと思っている。勘弁してくれ。)等々、ちょっと考えただけでもかなりのミュージシャンが頭に浮かんで来る。ただ、ちょっと言わせてもらうと最近のオヤジは、
「トランペットの炸裂するような音色が少々うるさいぞ!」
 そう感じる事もあるのだ。
 で、ふと頭に浮かんだアルバムが、フリューゲルホーンの音色が聴ける、チャック・マンジョーネ「フィール・ソー・グッド」だ。このアルバムを初めて聴いたのは高校2年の時だったが、当時はフリューゲルホーンという楽器の存在を知らなかったので、
「優しい音のするトランペットやな・・・。」
 なんてマヌケな事を呟いていた記憶がある。
 今回、高校生の頃に聴いていた古いカセットテープを流してみると、まず感じるのはやっぱりフリューゲルホーンの暖かい音色で、
「う~む・・・歳とるとこういう優しい音色の方が落ち着くのよね・・・。」
 なんて思ってしまう。そして当時、
「コレは名曲じゃ・・・。」
 なんて言いながら耳にタコが出来るほど聴いたタイトル曲「フィール・ソー・グッド」の心地よいメロディーは、30年以上経っても、
「やっぱ、コレはフュージョンの全盛期の名曲なんだろうなぁ・・。」
 そう思ってしまう。
 チャック・マンジョーネという人は、60年代はバリバリのジャズトランペッターだったが70年代にフリューゲルホーンと共にフュージョン路線へ転向して大人気を博した人物で、まぁ一発屋的な印象は多々あるけれど、個人的には好きなミュージシャンだ。
 フリューゲルホーンの音色と共に懐かしく聴かせてもらった「フィール・ソー・グッド」、満足であった。

Chuck Mangione - Feels So Good


 
[Music Chuck Mangione]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:お気に入り&好きな音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : チャック・マンジョーネ フィール・ソー・グッド フリューゲル・ホーン |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ノラ・ジョーンズの「ノット・トゥ・レイト」を聴いてみた。 | HOME | ユタ・ヒップの「ユタ・ヒップ・ウイズ・ズート・シムズ」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/658-9fd7c0bc