無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ヒラリー・コールの「魅せられし心」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ヒラリー・コールの「魅せられし心」を聴いてみた。

2012.06.25 Mon
魅せられし心 このところ毎日なんだかんだと忙しく、ゆっくり音楽を聴く時間が無い。そんなイライラとこの梅雨の天気が一緒になって、どうも憂鬱な気分のオヤジなのだ。
 こんな時には、無理にでも時間を作って、脳天ぶち抜けるようなイケイケのアメリカン・ロックか、太陽いっぱいの夏の海を思い起こさせるようなフュージョン系のアルバムを聴くのが良いのだろうが、
「じゃあ何を聴くのか?」
 なんて考えても、こんな時に限ってピッタリのアルバムはすぐに頭に浮かばないのだ。
 で、考えた末に、結局オヤジはちょっと卑怯な作戦に出た。憂鬱な気分を吹き飛ばすのではなく、
「そうね・・・。あなた疲れてるのよね。可哀そう、可哀そう・・・。」
 と慰めてもらう事にしたのだ。
 そんなわけで、流したアルバムはヒラリー・コール「魅せられし心」。アルバム・タイトルどおり、オヤジはこのジャケットを一目見ただけで、完全に魅せられちゃったのである。(←あ~あ・・書いていて情けなくなってくる・・・。)
 考えてみると、以前ヒラリー・コールの記事を書いた時も、ジャケットの話ばかりしたような記憶があるが(←こちらです)今回も、どうしてもジャケットに目がいってしまう。この人の妖艶なジャケットは、結構目に毒なのだ。
 さて、ジャケットの話ばかりしててもしょうがないので、中身の話をするが、このアルバムはヒラリー・コールのデビューアルバムで、スタンダード・ナンバーが中心だ。どの曲にも癖が無く、ストレートで非常に聴きやすい。聴けば聴くほど彼女の歌の力量が本物である事がよく分かり、大人の音楽として楽しめる。まさしく「才色兼備」なのだ。とは言っても、逆にひねったボーカルが好きな人には、面白味に欠けると言われるかも知れないが・・・。
 ただ、オヤジは、ジャケットの雰囲気とアルバムの中身が完全にリンクしていると思うわけで、『このアルバムで慰めてもらおう・・・。』という当初の目的は十分に達成されて結構満足なのだ。
へへへへっ。

 
[Music Hilary Kole]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : ヒラリー・コール 魅せられし心 |
Category: Jazz/Fusion | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<スティービー・ワンダーの「フィール・ザ・ファイア~バラード・コレクション」を聴いてみた。 | HOME | エアロスミスの「エアロスミス濃縮極極ベスト」を聴いてみた。>>

NO SUBJECT

なかなかムーディな声でいいですね。
しっとりとした感じだから 慰められたんじゃないでしょうか?
ウチには こんな色気のあるジャケのアルバムないし
ダンナがかけるのは マイルス、エリック・ドルフィーとかえって憂欝になる感じ。
一枚くらい さわやか系がほしいな♪
- | まり | URL | 2012.06.27(Wed) 20:29:07 | [EDIT] | top↑ |

>まり様

おっしゃるとおり、ヒラリー・コールはしっとり聴けてさわやかです。クラシックな感じも良いですしね。
まぁ、マイルスやドルフィーとは同じジャズと言っても対極ですね。
オススメです。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2012.06.27(Wed) 21:59:37 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/675-15d7235c