無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ジョン・ロードの事。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジョン・ロードの事。

2012.08.01 Wed
ジョン・ロード1

 ちょっと前に、元ディープ・パープルのキーボード・プレイヤー、ジョン・ロードが亡くなったというニュースが飛び込んできた。この話、オヤジは結構ショックなのである。
ジョン・ロード2 これまでに何度も書いてきたけれど、オヤジがロックを聴き始めるきっかけとなったバンドがディープ・パープルな訳で、中学生の頃から50歳が近い現在まで折に触れて聴き続けたバンドのメンバーがこの世からいなくなってしまうのは、たまらないモノがある。
 特にディープ・パープルのキーボード・プレイヤーはバンドの長い歴史の中でもジョン・ロード一人だと思っているので、二度と本来のディープ・パープルの演奏が聴けないという事実はオヤジにとってはショックが大きいわけだ。(←実際はキーボード・プレイヤーは一人ではないが、『ジョン・ロードとリッチー・ブラックモアイアン・ペイスが同時に存在しないバンドはディープ・パープルではない!』そうオヤジは考えているので、あえてこう言わせてもらいました。)
ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ 考えてみると、ジョン・ロードというミュージシャンはキーボード・プレイヤーの中では結構異質で、プレイの基礎に非常に色濃くクラシック音楽の影響が見られる。
 1969年にリリースされたディープ・パープルの初期のアルバムに、ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラと共演したものがある。(←正式名称は「ディープ・パープル・アンド・ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ」と言います。)
 ディープ・パープルというと、どうしてもギタリストのリッチー・ブラックモアの個性が前面に出た楽曲を想像してしまうが、「ディープ・パープル・アンド・ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ」のように、初期のアルバムにはリッチーのギターよりも、ジョン・ロードのクラシック的なアプローチが垣間見られる作品が結構ある事を忘れてはならない。
 当時『ロックとクラシックの融合』を試みた、または融合するつもりは無くても、音楽的な地盤がクラシックの為に自然とそう聴こえてしまうようなプログレッシブ・ロックは色々あったが、ブリティシュ・ハード・ロックのバンドが正面切ってクラシックのオーケストラと共演するというのは珍しく、その辺の発想が実にジョン・ロード的で彼の個性であるとオヤジは思っている。
ジョン・ロード3 また、オヤジが中学生の頃は、自分の周りに何台もキーボードを並べてプレイするのがとてつもなくカッコ良く見えたものだが、当時のジョン・ロードの使用楽器は基本的にはハモンド・オルガンのみであり、様々なシンセサイザー等が開発された後にもメインは常にハモンド・オルガンを使用していた記憶がある。
 当然その独特の音色がディープ・パープルというロックバンドの屋台骨を支えていた訳であるのだが、社会人になって数年した時にディープ・パープルのコンサートへ行って、相変わらずハモンド・オルガンをメインで演奏するジョン・ロードを見て、彼の音楽に対する個性とこだわりを垣間見たような気がして非常に心強く感じたことを覚えている。
 今、この原稿を書きながら、彼への追悼の意味も込めて大好きなディープ・パープルのアルバム「ライヴ・イン・ジャパン」を流している。
ライヴ・イン・ジャパン まぁ、これまで何回聴いたか分からないアルバムだが、ジョン・ロードの最盛期の火の出るような演奏の中に、彼の確固たる存在感がひしひしと感じられ、「ライヴ・イン・ジャパン」は数あるディープ・パープルのアルバムの中でも最高峰の1枚だと思っている。特に彼のアドリブ部分の上手さが光る「ハイウェイ・スター」と「レイジー」には正直涙が流れそうになってしまった。
 『ジョン・ロード氏、死去』なんて見出しをYAHOOニュースで見かけた時は、
「そうか・・・残念だなぁ・・・。」
 そんな感想しか持たなかったが、このアルバムを聴くと、
「ミュージシャンてのは、曲を聴いて初めてその存在の偉大さと個性を感じるもんだ・・。」
そう実感させられる。
 そして今「ライヴ・イン・ジャパン」を聴けば聴くほど、自分がこれまでに聴いてきた音楽の基礎の一部が死んでしまった事が現実味を帯びて感じられ、
「自分の中の一つの時代が終わってしまった事をキチンと受け止めなくては・・・。」
 そんな事を思うのだ。
 ジョン・ロード氏のご冥福を心からお祈りしたい。

Deep Purple Live In Japan - Highway Star


Deep Purple Live In Japan - Lazy


 
[Music Deep Purple]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : ディープ・パープル ジョン・ロード ライヴ・イン・ジャパン ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ |
Category: 憧れの巨匠話 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |
<<松本伊代の「センチメンタル・ジャーニー」を聴いてみた。 | HOME | サード・ワールドの「華氏96度」を聴いてみた。>>

こんにちは。
淋しい限りですね…(T_T)

まりさんのとこにもかいたのですが、自分はリッチーよりもむしろジョン・ロードのオルガンが好きだったんです。

渋いなあ…って

聴くたびにしみじみ思っていました。


御冥福をお祈りします(>_<)
- | 波野井露楠 | URL | 2012.08.01(Wed) 13:53:54 | [EDIT] | top↑ |

>波野井露楠様

そうですね。
ジョン・ロードのオルガンは確かに渋い。
職人って感じもあります。
残念なことです。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2012.08.02(Thu) 06:05:17 | [EDIT] | top↑ |

NO SUBJECT

土佐のオヤジさん こんばんは!

あの時代はディープ・パープルには無限の可能性を感じてましたね。
スピード感あふれる演奏 個性的で魅力あふれる
曲は 私たちを虜にしてくれましたね。
ほんと影響をたくさん与えて 多くの思い出を作ったバンドでした(寂)
- | まり | URL | 2012.08.04(Sat) 22:06:32 | [EDIT] | top↑ |

>まり様

うん。おっしゃる通り。
僕はこのバンドから数えきれないほどの刺激を受けました。
彼が亡くなったことが何となく信じられないのですが、寂しい夏になりました。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2012.08.07(Tue) 08:35:20 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/685-589c9967

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。