無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ アール・クルーの「ドリーム・カム・トゥルー」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

アール・クルーの「ドリーム・カム・トゥルー」を聴いてみた。

2012.09.14 Fri
ドリーム・カム・ツゥルー 前回、古道具屋でオモチャ同然のクラシックギターを購入して遊んでいると記事に書いたが、もっぱら奏でるのはクラシックの曲でフラメンコじゃない。実際問題、前回の記事で取り上げたパコ・デ・ルシアなんて、オヤジの残りの人生すべてを懸けてギターを練習しても弾けない自信がある。(←そんな事を自信持って言う必要もないのだが・・・。)
 んで、偉そうな事を言うつもりは無いが、
「この辺なら、さわりだけでも弾けるんじゃないの・・・?」
 などと頭に浮かべたのがアール・クルーだ。古いカセットテープの山の中から発見したのはアルバム「ドリーム・カム・トゥルー」。日本で大人気のグループ、“ドリカム”とは全く関係ない。(←当たり前だ!バカ!)
 オヤジはこのアルバムを大学生の頃下宿先のアパートでよく聴いていた思い出がある。と言うのも、当時、
「さ~て、何を聴こうかなぁ・・?」
 なんて迷った時に、
「まぁ、とりあえずコレでも流しておいて、その間に何を聴くか考えよう!」
 なんて思って「ドリーム・カム・トゥルー」を流し始めるのだが、実に耳に馴染みやすい曲が次から次へと出てくるので、後で聴くアルバムの事なんぞ忘れて、毎回のように「ドリーム・カム・トゥルー」の世界に浸っていたように思う。とにかく若い頃のオヤジの中では『定番中の定番』のアルバムで、
「すげぇ~アルバムだ!」
 なんて感想は絶対に持たないけれど、常に、
「オシャレだねぇ・・・。」
 なんて言葉が出てきそうなくらいのクオリティーの高さがあった。
 今回聴くと、テレビ等で当時頻繁に使われた曲が多いせいか、少々古臭い感は否めなかったが、学生時代はベースを弾いていた関係から、曲中のベースラインを色々コピーして楽しんだ事を思い出し、昔の雰囲気に浸るには十分すぎるほど懐かしい一枚であった。名盤なり。

Dream Come True - earl klugh


DOC - Earl Klugh


 
[Music Earl Klugh]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
FC2タグ : アール・クルー ドリーム・カム・トゥルー |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<マル・ウォルドロンの「レフト・アローン」を聴いてみた。 | HOME | パコ・デ・ルシアの「シロッコ」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/696-469e906d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。