無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの「エレクトリック・レディランド」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの「エレクトリック・レディランド」を聴いてみた。

2013.01.29 Tue
エレクトリック・レディランド1 中身は良いのに、ジャケットのせいで損をしているアルバムがよくある。CDの時代になってしまった現在はそれほどでもないが、昔のLPレコードの時代には、ジャケットの印象は非常に大切で、中身が凄い事が分かっていても、ジャケットがショボいせいで、聴く前に出鼻を挫かれたような気持ちで聴いたアルバムが結構あった。
 さて、何故こんな話をしたかと言うと、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの「エレクトリック・レディランド」を聴いたからだ。
 最初の画像を見てほしいのだが、これはオヤジが高校生の頃に街のレコード店で見かけた「エレクトリック・レディランド」のアルバムデザイン。カッコ良くて大好きだ。当時のLPレコードはこのデザインであったように記憶している。
エレクトリック・レディランド2 次に右側の画像を見てほしいのだが、コレは1968年、「エレクトリック・レディランド」が発売された当初のジャケットデザイン。大学生の頃に一度だけ実物を目にしたような気がするが、このジャケットは刺激的過ぎるとの事で、世界各国で異なるデザインに刷り替えられたようだ。
 オヤジが思うには、刺激的と言うよりも意味が分からん。とにかくこのジャケットは酷過ぎる。一体何処の誰がこんな気持ちの悪いジャケットをデザインしたのか不思議になるのだ。(←ジミ・ヘンドリックス自身、気に入ってなかったという話もある。)
 「エレクトリック・レディランド」の中身は、
『3ピースのロックバンドがやれる事のほとんどがここにあるんじゃないか?』
 なんて思うほど素晴らしく。ジミ・ヘンドリックスというアーティストのギタープレイのみならず、楽曲のセンス、音楽の幅の広さ、歌声の魅力が詰め込まれている。にもかかわらず、このジャケットが全てを台無しにしている感があり、このジャケットのせいで買う気を無くした奴が当時かなりいたはずだ。
エレクトリック・レディランド3 で、最後は現在売られているCD版の画像。まあ、暗闇にヌードのオン・パレードよりは随分とマシだが、それでも取って付けたような印象は拭えない。何も考えずに作った雰囲気が濃厚に漂っている気がする。
 オヤジは昔から
『「エレクトリック・レディランド」は、ジミ・ヘンドリックの最高峰だ!』
そう思っているので、聴く前に出鼻を挫くような事は勘弁願いたいのだ。
 ちなみにオヤジの手元に現在あるのは最後に紹介したCD盤だ。何かイマイチやなぁ~的気分である。


[Music Jimi Hendrix]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:ロック | Genre:音楽 |
|
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<クイーンの「クイーンⅡ」を聴いてみた。 | HOME | マライア・キャリーの「ミュージック・ボックス」を聴いてみた。>>

最高傑作

個人的にはデビューのAre You experienced?が好きです。偉大なミュージシャンには完璧な作品と気合の入った作品の2つががあると思います。ZEPなら2枚目と4枚目。DPならインロックとマシンヘッドが相当します。しかしこの67~71年位のロックは神業というか色んなバンドで名盤の連発ですね。凄過ぎると思います。こりゃ当時の若者がロックに狂うのも分かりますね。
QrhcUF4U | 同世代ヲヤヂ | URL | 2013.02.08(Fri) 23:58:23 | [EDIT] | top↑ |

>同世代ヲヤヂ様

ZEPとDPに関しては僕も同じように思います。
この辺の時代の神業ロックが、我々の音楽の基礎になってるんだと思います。そういう意味では非常に幸せだと思います。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2013.02.12(Tue) 12:50:32 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/730-33c98681