無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ クイーンの「クイーンⅡ」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

クイーンの「クイーンⅡ」を聴いてみた。

2013.02.01 Fri
クイーンⅡ 前々回の記事でマライア・キャリーのアルバム「ミュージック・ボックス」を取り上げて、
「彼女の最高峰のアルバムだ!」
 なんて話をしたけれど(←コチラです。)、コレは最近どうも色々なアルバムに対して斜に構えて話をする事が多かった反省から、単純に大好きで一押しのアルバムを紹介した次第だ。
 前回記事にしたジミ・ヘンドリックスの「エレクトリック・レディランド」も同じで(←コチラです。)、個人的な意見なのは重々承知しているが、こちらも彼の最高峰のアルバムだと思っている。
 で、調子に乗ってると思われそうだが、今回も『個人的に最高峰だと思ってるアルバムシリーズ』と題して、クイーンのアルバム「クイーンⅡ」の話をしたい。(←大袈裟でスンマセン。)
 そもそもオヤジがクイーンに興味を持ったのは、高校生の頃に聴いたアルバム「ジャズ」が最初だった。その後「世界に捧ぐ」と「ライブ・キラーズ」で完全にハマり、その後は、徐々に時代を遡りつつ彼らのアルバムを聴いていった経緯がある。そして最後に聴いたのが「クイーンⅡ」で、聴いた瞬間に、
「ああ!これこそクイーンの原点だ!」
 そう思った事を覚えている。
 オヤジが「クイーンⅡ」を最高峰だと考える理由はただ一つ、フレディー・マーキュリーの魅力が一番感じられるアルバムだからだ。以前にも記事にした事があるが(←コチラです。)オヤジはフレディー・マーキュリーの存在自体がクイーンだと思っている。シビアな言い方をすれば、いくらブライアン・メイがギターを弾こうが、ロジャー・テイラーがかん高い声を張り上げようが、それは完全にオマケであって、フレディーが歌わない限りクイーンの世界には絶対ならないのだ。
 「クイーンⅡ」はオヤジが最も好きな彼らの初期の音楽スタイルを前面に打ち出したアルバムで、聴けば聴くほどフレディーの曲の美しさ、奥深さに魅了される。後に彼らの音楽は様々な方向へ変化を遂げるが、現在でもオヤジの好きなクイーンのスタイルの原点はすべてこのアルバムにあるような気がしてならない。名盤なのだ。


[Music Queen]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽的ひとりごと | Genre:音楽 |
FC2タグ : クイーン クイーンⅡ |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ザ・バンドの「南十字星」を聴いてみた。 | HOME | ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの「エレクトリック・レディランド」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/731-01b959bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。