無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの「キャッチ・ア・ファイヤー」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの「キャッチ・ア・ファイヤー」を聴いてみた。

2013.06.08 Sat
キャッチ・ア・ファイアー 久しぶりにベースギターを弾いてみた。ほんの15分程度だが、弾き始めるとなかなか面白い。そもそもオヤジは大学の4年間はずっとベースを弾いていたので、この楽器を手にすると当時演奏した曲が色々と頭に浮かんで来て懐かしい事この上ないのだ。
 あの4年間は考えてみると色々なジャンルの音楽を聴きまくったし、バンド活動でもジャズやフュージョン系の音楽を中心に、“お手伝い”と称してロックバンドを手伝い、一方で当時流行だったニューミュージックもやり、ラテン系のバンドにも顔を出し、クリスマス・パーティーとなれば、ファンクやディスコミュージック、オジサンが集う席ではムードボーカルのバックのような事もやった。とにかく自分の人生の中で非常に音楽的に濃厚な4年間だった訳だ・・・。とまぁ、そんな事を思い出していると、
「そういえば、俺ってレゲエを演奏した事は無いなぁ・・・。」
 なんて事を考えた。と言うのも、ゴールデンウィークからこっち、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのアルバム「キャッチ・ア・ファイヤー」に心奪われて、何かと言えば聴いているからだ。
 昔からレゲエという音楽にあまり触手が動かなかったオヤジなので、この古いアルバムも今回初めて聴いたのだが、遅ればせながら一発で気に入った。
 腰の強いリズムを刻むドラムと、重い音で奏でるベースラインが、妙な表現だけど、
「俺達の音楽は危険なんだぜ・・・。」
 そう言ってるような気がしてならない。そして、その強いビートの上に、妙に不釣り合いな軽いギターの音色が乗っかり、その後ろから呪文のようなボブ・マーリーの声が聞こえて来た時には、オヤジは鳥肌が立ってしまった。「キャッチ・ア・ファイヤー」は、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズが世に出るキッカケとなったアルバムらしいが、
「そうだろうなぁ・・・。」
 と、随所で納得できる。
 今から40年も昔のアルバムだけど、久しぶりに心の底に響くアルバムを見つけて、
「この夏は楽しく過ごせそうだな・・・ふふふっ。」
 と、ほくそ笑んでるヤジなのだ。


[Music Bob Marley]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
|
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ジューダス・プリーストの「復讐の叫び」を聴いてみた。 | HOME | バッド・カンパニーの「バッド・カンパニー・アンソロジー」を思い出した。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/759-66caeb44