無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ローリング・ストーンズの「レット・イット・ブリード」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ローリング・ストーンズの「レット・イット・ブリード」を聴いてみた。

2013.07.17 Wed
レット・イット・ブリード 梅雨が明けて以来、当然のように暑い。いや、「暑い」なんて表現ではなく、ここ数日は「熱い」と表現してもおかしくないような陽気である。元々一年のうちで夏が一番好きなオヤジではあるが、この湿気を含んだ日本独特の夏には体力を奪われてウンザリする事もしばしばだ。で、この奪われた体力を回復させるのに一番良いのが昼寝なのだ。
「はぁ?」
 なんて言われるかも知れないが、
『子供の頃、プールから上がった後の昼寝の気持ち良さは何物にも替えがたかった・・・。』
などと考えてるオヤジには、昼寝は夏場の大きな楽しみなのだ。
 先日の休みも、午前中はタオルで汗を拭きつつ家の用事を一気に済ませ、昼食に冷たいソーメンを食べた。扇風機にあたりつつ、一緒に缶ビールを1本飲む。その後は寝室のクーラーのスイッチを入れておき、部屋が冷える間にシャワーを浴びた。午前中の汗を綺麗に洗い流して、寝室へ本とCDを持って直行し、後は涼しい部屋で読書と音楽鑑賞と昼寝を楽しむわけだ。午前中に流した汗が多い程、このひと時が死ぬほど気持ちが良いのだ。
 んで、前置きが長くなってしまったが、この時聴いたのがローリング・ストーンズの懐かしいアルバム「レット・イット・ブリード」だ。特別意識して昼寝のお供にこのアルバムを選んだ訳では無いのだが、結果的にこの選択は大成功であった。
 「レット・イット・ブリード」というアルバムは、個人的な意見を言わせてもらうと、音楽的に『一般的なストーンズのイメージに最も近いアルバム』のような気がしてならない。詳しく説明すると、ストーンズの持つ音楽のルーズさ、いいかげんさが「レット・イット・ブリード」からは随所に浮かび上がるような気がするのだ。これは決して悪い意味ではなく、いくらルーズでも、そこがストーンズとしか言いようの無い音楽となり、そのルーズさは、アメリカの洋楽が持つルーズさとは異なり、
「やっぱりコレはヨーロッパの音楽のルーズさだわなぁ・・。」
そう感じさせる不思議なルーズさなのだ。
 まぁ、こんな事を感じるのはオヤジだけかも知れないが、昼寝のお供には、ストーンズの音楽のルーズさが実に良いオカズとなったというお話だ。今日はここまで。


[Music Rolling Stones]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : レット・イット・ブリード ローリング・ストーンズ |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<スタンリー・クラーク・バンドの「スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ」を聴いてみた。 | HOME | スーザン・ボイルの「夢やぶれて」を聴いてみた。>>

NO SUBJECT

ストーンズは 自分の中では定着してないんだんなあ。
若い頃は ストーンズはたまにしか聞かなかったので 深いところでは ちゃんと聴けてない状態。
クラプトンなら 毛穴で覚えてるようなところがあるけどね

- | ひるのまり | URL | 2013.07.20(Sat) 21:31:00 | [EDIT] | top↑ |

>ひるのまり様

僕はクラプトンもストーンズも毛穴程では無いにしろ、昔から好んで聴いてますね。
でも、ひるのまりさんと同じで、僕も毛穴感覚に近いのはクラプトンの方です。(笑)
- | 土佐のオヤジ | URL | 2013.07.21(Sun) 07:32:58 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/766-3d13c665

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。