無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ スワベック・コバレフスキの「ねむりのおんがく」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

スワベック・コバレフスキの「ねむりのおんがく」を聴いてみた。

2013.08.01 Thu
ねむりのおんがくアッという間に8月である。8月は1年でオヤジが最も好きな月で、まぁこの暑さはたまらないけど、地元高知では「よさこい祭り」を筆頭に様々な夏のイベントが行われ、お盆の頃までは街が騒然となって土佐の暑い夏がますます熱く燃え上がるのだ。が、残念な事に今年はその「よさこい祭り」を見物できない。ちょうど祭りの時に家族で九州の小倉まで出かけてゆく予定なのだ。
「何で小倉なんぞへ行くのよ?」
 なんて突っ込まれそうだが、まぁちょっとした用事を兼ねて、夏休みの家族サービスという事だ。
 そんな訳で、例年の8月以上にオヤジの予定はアクティブになりそうなので、体力づくりに余念がない。・・・いや、体力作りではなく、来る旅行に向けて休息に余念がないのだ。(←全然違うじゃないか!)
 この歳になると、今更体力を作ろうなんてアホな事は考えない。反対に、
「なんとか体力を消費しないで旅行当日まで温存しよう!」
 そう考えるのだ。で、最も効果的な体力温存方法は睡眠だ。
「如何に上手く眠るか?」
 が重要な課題となるわけだ。(←少々オーバーだけど・・。)
 さて、そんなオヤジだが、ここ2~3日は画像のアルバムをお供に、快適な睡眠のスタートが切れている。ポーランドのピアニスト、スワベック・コバレフスキの演奏集で、その名もズバリ「ねむりのおんがく」だ。
 曲のスタートは波の音から始まる。狭くて暑苦しい寝室にいても、目さえ閉じれば気分は海辺のコテージである。(←50歳を過ぎてもこの辺の単純な性格は変わらないのだ。)
 この人のピアノが良いのは、『単に眠くなるような音楽』ってわけじゃなくて、曲全体からノスタルジーや宇宙的な広がり、ロマンティシズムが感じられ、『眠らされる』と言うよりも、
「いい気持ちだなぁ・・・。」
 なんて思っているうちに、自然と癒されて眠りにつけるのだ。当然このアルバム、最後まで聴いた事は無いけれど、ちょっとした事で豊かな眠りの時間を得られるので重宝している1枚なのだ。皆様もいかがかな?

 
[Music ほか]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : スワベック・コバレフスキ ねむりのおんがく |
Category: Other | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<エアロスミスの「ロッキン・ザ・ジョイント」を聴いてみた。 | HOME | 山本コータローとウイークエンドの「岬めぐり」を思い出した。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/770-8d12598c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。