無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ TOTOの「ターン・バック」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

TOTOの「ターン・バック」を聴いてみた。

2013.08.09 Fri
ターンバック このブログ、『~あの頃の曲を聴いてみた~』なんて言ってるにもかかわらず、最近は突然頭に浮かんだ曲の話をしたり、古いけど実際にオヤジが耳にしたのは最近のアルバムの話をしたりと、ブログの主旨から少々離れ気味に記事が進んでいる。そもそもオヤジの考える『あの頃』っていうのは、中学1年から大学を卒業するまでの13年間の事で、この間の音楽生活とその周辺で聴いていたアルバムへの熱い想いを文章として残す事がこのブログの目的なのだ。
「初心に帰らねば!」
 なんて思う今日この頃だ。
 さて、何でこんな話を急に始めたかと言うと、懐かしいカセットテープが目に止まったからだ。大学1回生の時にダビングしてもらったTOTOのアルバム「ターン・バック」だ。
「おっ!こういうアルバムこそブログの記事にせねば!」
 なんて意気込んだのだが、その訳は、この「ターン・バック」又は同じくTOTOの次作の「聖なる剣」辺りでオヤジは初めてAORサウンドの気持ち良さに目覚めた記憶があるからだ。以来、大学の4年間、折に触れて流行のAORサウンドを聴いてゆく事になり、今考えると「ターン・バック」はオヤジの音楽の好みが一層広がるターニング・ポイントになったアルバムだったわけだ。
 ・・・とは言っても、半分忘れかけてるアルバムなので(←ターニング・ポイントなんて言いながら、いい加減なモンだけど・・。)今回改めて「ターン・バック」を聴いてみると、コレが実にキチンとしたロックアルバムで、じんわりと懐かしい。スティーブ・ルカサーがよくギターを弾いているし、TOTOの音楽的な顔とも言えるジェフ・ポーカロのリズムは、時を経ても全く色褪せない。30年以上も昔のアルバムとはとうてい思えず、
「こういうロックってのは今聴いてもオシャレなんだわなぁ・・・。」
 なんて事を感じた次第だ。
 オヤジは、高校時代のある時期にそれまで聴いていたハードロックに飽きてフュージョンを聴くようになったのだが、もし、この時にTOTOを聴いていれば、
「ロックの世界からそのままAORの世界に入って行き、フュージョンは知らなかったかも知れない・・・。」
 そんな事を考えた。そういう意味ではチョイト危険なアルバムで、逆に言えば、当時としてはそれだけ音が洗練され、強い主張と新鮮さが感じられる1枚だったわけだ。いやはや・・・実に懐かしい。

 
[Music TOTO]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : TOTO ターン・バック |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<天野清嗣継の「アズール」を聴いてみた。 | HOME | エアロスミスの「ロッキン・ザ・ジョイント」を聴いてみた。>>

NO SUBJECT

土佐のオヤジさん、こんにちは!

毎日暑い日が続いておりますが、
体調の方は大丈夫でしょうか?
昨日、高知はかなり気温上がってましたね。

「ターン・バック」懐かしいですね!
僕は4th「聖なる剣」から入って、
次に「ターン・バック」を聴いたので、
当時はハードなサウンドに感じたものでした!
それからは、1st、2ndも聴きまくり、
TOTOサウンドに魅了されてしまいました!
以降のアルバムも全て揃えておりますが、
やはり初期の3枚が今でも好きですね!
- | ぶらうん佐藤 | URL | 2013.08.11(Sun) 11:42:42 | [EDIT] | top↑ |

>ぶらうん佐藤様

私はこのアルバムと「聖なる剣」が同時進行だったように覚えています。
ちょうど大学に入学した年で、サークル内に何人も「スティーブ・ルカサーもどき」がいました(笑)
- | 土佐のオヤジ | URL | 2013.08.12(Mon) 11:53:07 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/772-1899c930