無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ももいろクローバーZの「サラバ、愛しき悲しみたちよ」を歌ってみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ももいろクローバーZの「サラバ、愛しき悲しみたちよ」を歌ってみた。

2013.08.27 Tue
サラバ、愛しき悲しみたちよ いきなりだけど、先週の日曜日、昼食に食べたラーメンの器を洗っている時に、無意識にももいろクローバーZ「サラバ、愛しき悲しみたちよ」を歌ってしまった。
「俺って、何でこんな曲歌ってるんだろう・・・?」
 なんてドキッとしたのだが、まぁ今回はその理由をお話したい。
 そもそも、オヤジはももいろクローバーZ(←以下ももクロ)なるアイドルグループをあまりよく知らない。知らないけれど勝手な意見を言わせてもらうと、同じようなアイドルグループのAKB48よりは、音楽的に格段に上手くて面白いと思っている。で、昨年あたりから、テレビでこの「サラバ、愛しき悲しみたちよ」を歌うももクロを眺めていたのだが、この曲、結構耳に残るのだ。特にサビが・・・。
 ご存知の方も多いと思うのだが、「サラバ、愛しき悲しみたちよ」布袋寅泰の作曲である。まぁその辺が、曲が頭に残る大きな理由なのだが、もうちょっと深く考えると、布袋寅泰の作る曲には特徴があって、ギターの印象的なリフから始まり、次に音程があまり上下する事無くメッセージを色々と詰め込んだメロディーが続く。そしてサビになると、急にメロディアスで分かり易い旋律へと変化する事が多い。
 オヤジが思うに、彼の作るこの単純でメロディアスなサビの数々は、一歩間違えば非常に垢抜けない、昭和臭いフレーズになるのだが、そこを上手く料理する事で、我々のような昭和脳の人間にでも、
「何か、懐かしいようでカッコイイなぁ・・・。」
 そんな事を感じさせるわけだ。
 ももクロという平成生まれの少女達の歌から無意識に昭和の匂いをかぎ分け、そのフレーズは自然とオヤジの昭和脳へ蓄積され、最終的には鼻歌となって突然出てくる。個人的には実に納得できる理由づけだと思っているだが・・・俺ってヘンかなぁ??

ももいろクローバーZ「サラバ、愛しき悲しみたちよ」


布袋寅泰「サラバ、愛しき悲しみたちよ」


 
[M;ももいろクローバーZ]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:歌ってみた | Genre:音楽 |
FC2タグ : ももいろクローバーZ サラバ、愛しき悲しみたちよ |
Category: J-Pop | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<エリック・クラプトンの「クラプトン」を聴いてみた。 | HOME | ライオネル・リッチーの「ライオネル・リッチー」を聴いてみた。>>

同意!

オヤジさん、こんにちは。

オヤジさんの意見に、全く同意です!
ももクロは、個性的なパフォーマンスに注目していたんですが、強力な楽曲に恵まれていないことが不満でした。
この布袋さんの曲を初めて聴いた時は、やっと「その時」が来たか?!と思いました。
ギターのリフがカッコ良いし、布袋さんらしいキャッチーなサビがいつもながら印象的です。
彼女たちの魅力をうまく引き出す佳曲だと思います。

とは言え、「プロの集団」モー娘。も「シロートの集団」AKBも、嫌いじゃない私です。
fCUO6Fgc | Apollo | URL | 2013.08.27(Tue) 17:03:51 | [EDIT] | top↑ |

>Apollo様

・・・ですよね。
この曲で、ももクロを見直したっていうか、
「こんなやり方もあったんだ・・・。」
なんて関心したって言うか・・・。
いずれにしろ楽曲の良さで歌うアーティストの見方が全く変わる良い例だと思います。

あ、でもその楽曲をものにできる力がアーティストにある事が前提条件だけど。

- | 土佐のオヤジ | URL | 2013.08.28(Wed) 13:43:44 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/775-6e02c0e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。