無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ チャック・マンジョーネの「ライブ・アット・ザ・ハリウッドボウル」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

チャック・マンジョーネの「ライブ・アット・ザ・ハリウッドボウル」を聴いてみた。

2013.09.06 Fri
ライブ・アット・ザ・ハリウッドボール 毎度勝手な話から始まるが、夏から秋にかけてはコンサートの季節だと思っている。夏は野外でのロックフェスが面白いし(←なんて言いながら、10年以上行った事ないけど・・・。)、秋にはじっくりとライブハウスやホールでジャズやフュージョン、欲を言えばクラシックなんかも楽しみたい。
 昨年はここ高知へも様々なミュージシャンがやってきたので何度かコンサートへ出掛けたが、今年は残念ながら来高するミュージシャンがイマイチで、未だ出掛ける予定が無い。そんな訳で、
「せめてライブアルバムでも聴くかいなぁ・・・。」
 なんて思い、久しぶりに流してみたのがチャック・マンジョーネのアルバム「ライブ・アット・ザ・ハリウッドボウル」だ。
 このアルバムを初めて聴いたのは今から30年以上も昔、高校2年の時だ。丁度フュージョンの魅力に取りつかれ始めた頃で、フリューゲルホーンの優しい音色に痺れつつも、
「このトランペットは優しい音色だわなぁ・・・。」
 などと大マヌケな事を言っていたのを思い出す。
 さて、「ライブ・アット・ザ・ハリウッドボウル」だが、このアルバムの面白い所は、『バックにオーケストラが控えている』という点にあると思う。オーケストラが、チャックの優しい音色を後ろから上手く包み込み、そうかと言って、クラシック色が強くなり過ぎないように、あくまでもフュージョンとしての音楽を作り上げている点が良いのだ。
 そして、お約束の名曲「フィール・ソー・グッド」。この曲の美しさは、何年経っても変わらない。特にエンディングでの演奏は、美しさの中にもオーディエンスと一体になった興奮があり、懐かしくもあり、十分に満足出来るのだ。若い頃にテープが擦り切れる程聴いても飽きなかった理由が今改めてよく分かるようだ。
 チャック・マンジョーネと言うと「フィール・ソー・グッド」の一発屋的なイメージが付きまとうが、実際は本格的なジャズ・ミュージシャン。「ライブ・アット・ザ・ハリウッドボウル」では、その辺の力量が感じられるのも興味深い。名盤だと思っている。

Chuck Mangione - Feels So Good


 
[Music Chuck Mangione]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ライブ・アット・ザ・ハリウッドボウル チャック・マンジョーネ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<マドンナの「ライク・ア・プレイヤー」を思い出した。 | HOME | エリック・クラプトンの「クラプトン」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/777-81566a4c