無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ブラザーズ・ジョンソンの「ライト・アップ・ザ・ナイト」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ブラザーズ・ジョンソンの「ライト・アップ・ザ・ナイト」を聴いてみた。

2013.10.16 Wed
ライト・アップ・ザ・ナイト 話は突然始まるのだが、オヤジが所有しているベースギターは、ミュージックマンというメーカーのスティングレイというベースである。今から30年以上も昔、東京の御茶ノ水の楽器店で手に入れた。現在はミュージックマンというメーカーは無いが、買収した別の会社が1ブランドとして同じ型のベースギターを発売している。
 さて、何で急にこんな話を始めたかというと、ブラザーズ・ジョンソンのアルバム「ライト・アップ・ザ・ナイト」をこちらも約30年ぶりに聴いたからだ。意味が分からない人がいると思うが、ブラザーズ・ジョンソンのベーシスト、ルイス・ジョンソンが当時愛用していたベースがオヤジと同じミュージックマンのスティングレイだったのだ。
「だから、何なんだよ!」
 って言われそうだが、まぁココからは年寄りの昔話として聴いてもらいたい。そもそもルイス・ジョンソンというミュージシャンは、ブラザーズ・ジョンソンでの活躍以上にスタジオ・ミュージシャンとしての仕事が多い。かのクインシー・ジョーンズの「愛のコリーダ」やマイケル・ジャクソンの「スリラー」等、80年代前半にメチャクチャ売れた色々なアルバムに顔を出し、当時の音を象徴するミュージシャンだとオヤジは思っている。恥ずかしい話だが『そのルイス・ジョンソンと同じ楽器だぜ!』ってだけで、オヤジは妙な満足感と優越感を味わえるのだ。(←馬鹿な事は百も承知!)
 でも、当時オヤジがこの楽器を選んだ理由は、ルイス・ジョンソンに憧れた訳では無く、楽器の持つシンプルさとマルチ性が気に入ったからだ。スティングレイはファンクだろうが、フュージョンだろうが、ニューミュージックだろうが、ハードロックだろうが何でも対応するマルチな楽器で操作性もシンプルで使いやすかったのだ。
 ・・・ってイカン!今回は楽器の話ばかりしてアルバムの話を何もしていない。
そんな訳で、「ライト・アップ・ザ・ナイト」は、オヤジが大学生の頃には既に衰退気味だったブラザーズ・ジョンソンの最後の光のような一枚。
「当時の流行の音って、確かにこういうのだったよねぇ・・・。」
 なんて事を思わせる懐かしいアルバムでした。・・・って、ほとんど取って付けたような紹介。皆様、勘弁してくれ。

 
[Music Brothers Johnson]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:楽器 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ブラザーズ・ジョンソン ライト・アップ・ザ・ナイト ミュージックマン・スティングレイ |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチーの「エンドレス・ラブ」を聴いてみた。 | HOME | クオシモードの「デイブレイク」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/784-edee6bf6