無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチーの「エンドレス・ラブ」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチーの「エンドレス・ラブ」を聴いてみた。

2013.10.19 Sat
エンドレスラブ 先日、たまたま目にした音楽ブログが面白かった。そのブログは、オヤジと同じようにアルバムの紹介をメインとする形式をとっているのだが、アルバムの特徴や収録曲の動画紹介の後に、メインとなる収録曲の歌詞とその日本語訳を付けているのだ。
 LPレコードの時代には、歌詞の日本語訳が付いている洋楽アルバムも多かったが、CD時代になってしまうと輸入盤を手に取る機会が多く、歌詞の日本語訳を眺めるなんて事は、ずいぶんとやっていない。今回、このブログを眺める事で、
「そうか・・・こんな気持ちを歌った曲なんだ・・。」
 とか、
「う~む・・・何かイメージ違うなぁ・・。」
 などと、まぁ色々と勉強させてもらった次第である。
 で、そこまでなら良かったのだが、
「おいおい、言いたい事は分かるけど、コノ詞書いた奴恥ずかしくなかったか・・・?」
 なんて呟きながら思い出したのが、ライオネル・リッチーダイアナ・ロスのデュエット曲「エンドレス・ラブ」だ。調べてみるとこの歌詞を書いた奴は、誰あろうライオネル・リッチー本人だ。(←ちなみに作曲も彼。)
 ちょっと説明すると、「エンドレス・ラブ」は80年代初頭に封切られたブルック・シールズ主演の純愛映画の主題歌で、映画共々大ヒットした記憶がある。当時は『現代版ロミオとジュリエット』なんて言われていた。残念ながら、オヤジは映画を見た事無いけれど、この曲は一時期巷で流れまくっていたし、しばらくは結婚式での定番曲だったように記憶している。当然オヤジも、
「いい曲だなぁ・・・。」
 なんて思いながら聴いていたのだ。
 思い出しついでにYoutubeで探して聴いてみたが、やはり名曲。冷静に考えてみれば、
「英語の歌詞の独特のニュアンスを無理に日本語にすると、マジなラブソングは酷く恥ずかしい歌詞になるのかも知れない・・・。」
 なんて事を思う次第。深く考えない方が良いに決まってるのだ。へへへっ。

ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー Endless Love


 
[Music Diana Ross] [Music Lionel Richie]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ダイアナ・ロス ライオネル・リッチー エンドレス・ラブ |
Category: Rock/Pops | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<キース・ジャレットの「スタンダーズ・Vol.2」を聴いてみた。 | HOME | ブラザーズ・ジョンソンの「ライト・アップ・ザ・ナイト」を聴いてみた。>>

最後の昭和?

83年頃の昔のアメ広とかのチークタイムはこの曲が定番でしたね。細工町にあったフライパンビーチというカフェバーの走りの店でもよくかかっていましたな。この頃のサントラはフラッシュダンス、フットルース、バックトゥザフューチャー、エレクトリックドリームとかちょっとAORぽいアメリカ文化全盛期でしたね。洋楽の歌詞を日本語に直すの恥ずかしいのは王様が20年前に既に喝破していますにゃ(笑)
- | 同世代ヲヤヂ | URL | 2013.10.25(Fri) 23:40:06 | [EDIT] | top↑ |

>同世代ヲヤヂ様

そうですか・・・僕は1981年に高知を離れてしまったので、その後のアメ広の事も、フライパンビーチという店の事も知りません。
でも、十分に分かる気がしますね~。

そうそう・・・王様の事、忘れてた(笑)
今度聴いてみよう!!
- | 土佐のオヤジ | URL | 2013.10.30(Wed) 09:18:15 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/785-d613c6aa