無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ミシェル・カミロ&トマティートの「スペイン」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ミシェル・カミロ&トマティートの「スペイン」を聴いてみた。

2013.12.01 Sun
スペイン アッという間に12月である。まぁこの記事の原稿を書いている本日は11月30日なので微妙なのだが、そうは言ってもオヤジの気分は既に師走だ。
で、今回は『年末なので今年初めて聴いたアルバムを何枚か思い起こして記事にしましょう。』なんて事を考えたのだが、情けない事に何も思い出せない。
「あのアルバム良かったなぁ・・。」
 なんてのが1枚くらいあっても不思議は無いのに何も頭に浮かばないのだ。でもよく考えてみると、ちょっと感動したり頭に引っかかったりしたアルバムは既にこのブログで好き勝手な事を書きまくっているので、思い出したとしても話のネタにはならない。
「俺ってバカじゃなかろうか・・?」
 そう思う次第である。
 でも世の中捨てたもんじゃなかった。本日聴きたてのホヤホヤの1枚で、
「おお~!コレはオヤジが今年聴いたアルバムの中でもベスト3に入るぞ~!」
 そう雄叫びを上げつつ、感動の余韻に浸っているアルバムがある。ミシェル・カミロトマティート「スペイン」だ。
 このアルバム、ピアノとフラメンコギターのデュエットというシンプルな構成ながら、2人の壮絶なテクニック、哀愁漂うメロディーライン、そして気持ちの良いリズム感が複雑に絡み合って、夢のようなアドリブの世界が展開される。でも、これだけ複雑で激しい演奏をしつつ2人の呼吸が恐ろしい程ピッタリ合っている点を考えれば、『決してセッション的なノリで録音したアルバムではなく、ミーティングを重ね、何度もリハーサルを行った上での録音じゃないか?』そうオヤジは考えている。それでも2人の演奏は型にはまらない。ある時は激しくお互いを煽り、またある時は一体となって甘い郷愁を奏でる。
 ミシェル・カミロは超有名ピアニストなのでオヤジは何回か聴いた事があるが、トマティートというギタリストはこの「スペイン」を聴くまでよく知らなかった。世の中にはまだまだ面白いミュージシャンがいるものである。
「音楽の楽しみは、こういうアルバムを聴く事にある!」
 そんな事を言いたくなるような1枚なのだ。いや~~名盤なり。

Tomatito & Michel Camilo- Spain


 
[M;Michel Camilo] [M;Tomatito]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ミシェル・カミロ トマティート スペイン |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ワム!の「ラスト・クリスマス」を聴いてみた。 | HOME | 松任谷由実の「ダイヤモンドダストが消えぬまに」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/794-d5506fdd