無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 再び、ビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビー」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

再び、ビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビー」を聴いてみた。

2014.02.04 Tue
ワルツ・フォー・デビー このブログを書き始めてもうすぐ丸7年が経とうとしている。記事の数は900本近くなり、最近は何かアルバムを聴いても、
「コレは以前記事にした事があるかしら?」
 などと記憶もあやふやになり、過去の記事を探して中身を読むと、
「あら?俺こんな事考えてたんだわ・・・。」
 なんて、今とは異なる感想を持っていた当時の自分に気付く事が多い。
 先週もビル・エヴァンスの超有名アルバム「ワルツ・フォー・デビー」を聴きながら過去記事を検索したら、そこにはこのアルバムを知った経緯が書かれていた。(←コチラです)
「そうだった、そうだった!」
 なんて思い出しながら全部読むと、『名盤なり』とは謳いつつも、感想はほとんど書いていない。まぁ、このブログを始めた頃の記事なので、今のようにしょうもない事をダラダラ書く事はせずに、全面的にシンプルな記事になっているようなのだ。(←自分が書いたとは思えないなぁ・・。)
 で、せっかくだから、今回は「ワルツ・フォー・デビー」についてもうちょっと細かい話をしたいと思う。(←年取ってしつこくなったのだな。)
 まず、特に「ワルツ・フォー・デビー」がそうなんだけど、ビル・エヴァンスのプレイの基本は『張りつめるような緊張感の美しさ』だとオヤジは思っている。どんなに砕けた曲でも、また甘くて切ない曲でも、その真ん中にはピンと背筋を伸ばしたような抑制の効いた美しさがあると思うのだ。
「そんなの当たり前だよ!」
 なんて言われそうだが、考えてみるにそんなミュージシャンはそうそういない。どんなに繊細なプレイヤーでも隙を見つける事が出来るのだが、ビル・エヴァンスにはそれが無い。一流の剣客のような雰囲気が漂う、本当は非常に怖い音楽家なのだ。(←勝手な意見だけど)
 そんな事を考え始めると、以前書いたように『「ワルツ・フォー・デビー」は、水割り飲みながらくつろいで・・・。』なんて聴き方は実は間違いで、
「全神経を集中して一つの音も聴き逃さないようにするのが正しい「ワルツ・フォー・デビー」の鑑賞方法かもしれない。」
 などと考えてしまう次第だ。
・・・とまぁ、そんな訳で、今回は以前一度紹介したアルバムのお話でしたが、今後も時々『再び××を聴いてみた。』ってお題で、過去の記事と比較しながら自分勝手な話をしてゆきたいと思ってます。
 皆様よろしくね~。

 
[M;Bill Evans]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ワルツ・フォー・デビー ビル・エヴァンス |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<クインシー・ジョーンズの「バック・オン・ザ・ブロック」を聴いてみた。 | HOME | 青い三角定規の「太陽がくれた季節」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/805-0d5187fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。