無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ハンク・モブレーの「ソウル・ステーション」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ハンク・モブレーの「ソウル・ステーション」を聴いてみた。

2014.03.01 Sat
ソウル・ステーション 木曜日、高知市の日中の気温は20度を超えていた。朝のうちに雨が降って蒸し暑かったせいかも知れないが、ホントわけの分からない天気である。
「こりゃ~春が来たな!ケケケッ!」
 なんて喜んだオヤジであるが、そんな陽気のせいか、久しぶりにハンク・モブレー「ソウル・ステーション」を聴いてみた。
 断っておくが、「ソウル・ステーション」が春っぽいアルバムだという訳ではない。ハンク・モブレーのテナーが春を感じてボケ~っとしたオヤジの頭にはちょうど良いと思ったのだ。
 以前の記事で、この「ソウル・スレーション」を風呂で聴いた話を書いたが(←こちらです。)今回聴いても、風呂とか酒とか花見とか、いささかノンビリしてボケ~っとした場面に似合うアルバムだという気がしてならない。そして聴き終わった後には理屈抜きで、
「楽しいジャズを聴いて、よかった、よかった。」
 そんな気持ちになれるのだ。
 考えてみればこの「ソウル・ステーション」、オヤジが購入したのは今から10年程前の事で、それ以来、年に2~3度は必ず聴いてきたアルバムだ。まぁそれだけオヤジ好みで、
「なにか気持ちの良いジャズが聴きたいなぁ・・・。」
 そう思った時には必ず頭に浮かぶ1枚である。
 いささか古いアルバムなうえに、地味な印象が拭えないのが少々残念だが、しかし、ジャズを聴き慣れていない人でもこの「ソウル・ステーション」はすぐに楽しめる事は保障する。その上聴けば聴くほど楽しくなり飽きる事はまず無い。
「決してA級ではないが、B級にはB級の良さがある。」
 そんな事が分かる1枚だ。まぁ、簡単に言えば定食屋の“鯖の味噌煮”みたいなアルバムって事だわな。皆さんお分かりか?(←分かりにくいだろうけど。)・・・って、とにかく超名盤である事は間違いない。聴いてみなはれ。

 
[Music Hank Mobley]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ハンク・モブレー ソウル・ステーション |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<桑江知子の「私のハートはストップモーション」を思い出した。 | HOME | オーティス・レディングの「ライブ・イン・ヨーロッパ」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/814-d5d6e935

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。