無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ はっぴいえんどの「はっぴいえんど」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

はっぴいえんどの「はっぴいえんど」を聴いてみた。

2014.04.24 Thu
はっぴいえんど このところ、高知市は日中の気温が25度近くまで上がる事もあり、ポカポカと暖かい春の陽気に包まれている。高知の春は非常に短くて、ゴールデンウィークを過ぎるあたりから『暖かい』というよりも『暑い』と言う方がピッタリな陽気になってしまうので、桜が散ってから今頃までの日々が南国土佐では案外貴重だとオヤジは考えている。
 さて、この時期になるとオヤジはユーミンの「春よ来い」って曲をよく聴く。この曲の歌詞もメロディーも実にオヤジ好みで、昔から大好きな曲なのだ。今年も、
「そうそう、『春よ来い』でも聴いてみるかな・・・へへへっ」
 なんて思いiphoneで曲名検索すると、引っかかってきたのは、はっぴいえんどの「春よ来い」だった。
「あら?何で?」
 なんて思い、よく調べてみるとユーミンの方は正しくは「春よ、来い」である。「、」がないとダメって事なのだ。
 そんな訳で、引っかかりついでに、はっぴいえんどの「春よ来い」が収録された通称『ゆでめん』で知られる「はっぴいえんど」を聴く事にした。
 まずこちらの「春よ来い」は、ユーミンが「春よ、来い」で歌った恋の成就を春に重ねた歌詞とは異なり、家出して一人で頑張る若者が、夢が叶うように『春よ来い!』と願う心の叫びを歌った歌詞で、非常にストレートで重い。
「昔はこういう若者がいたよなぁ・・。」
 なんて事を考えてしまった次第だ。
 一方、アルバム全体としては、当時の音楽シーンに衝撃を与えた事は何となく分かる気がする。確かに松本隆の詞は独特の世界観があって大好きだし、それをロック的なアプローチで表現しようという試みは、当時誰も成し得なかった事だと思うのだ。だけど、これが『日本語ロックの原点』みたいな言い方をされるのはどうもピンと来ない。酷い言い方かも知れないが、オヤジにはフォークソングがロックビートに無理に乗っかっただけのような気がしてならないのだ。まぁ、この意見には御批判が多々あると思うが、コレが現在の正直なオヤジの感想であり、逆に言えば、リアルタイムでこのアルバムに触れる事が出来なかった人間の冷めた感想なのかも知れない。
「名盤の誉れ高い1枚に何を言う!」
 なんて怒られそうだが、まぁ分かってない奴だと思って勘弁願いたい。

はっぴいえんど・春よこい&雑写


松任谷由実 - 春よ、来い


 
[M;はっぴいえんど]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : はっぴいえんど |
Category: J-Pop | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |
<<ドゥービー・ブラザーズの「ベスト・オブ・ザ・ドゥービー・ブラザーズ・ライブ」を聴いてみた。 | HOME | アル・ジャロウの「テンダネス」を聴いてみた。>>

名盤です

ニールヤングのコピーだなと思っていましたが、歌詞の世界観が日本人ならではと、年を取る度に思います。強く印象は残りませんが、いつの時代に聞いても違和感を感じさせないのはさすがですね。ちょっと違うけどキャロルキングもそういう風に感じます。恐るべしアメリカ西海岸サウンド。
QrhcUF4U | ヌコヲヤヂ | URL | 2014.04.25(Fri) 02:13:35 | [EDIT] | top↑ |

>ヌコヲヤヂ様

自分の場合、聴き方が足りないのかな?
どうもピンと来ない所があるアルバムなんですよねぇ・・・。
おっしゃる通り、歌詞は日本人ならではと思うのですが、曲の方がどうもしっくりこないというか・・・。
そうそう、キャロルキングは大好きですよ。よく聴きます。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2014.04.25(Fri) 12:45:37 | [EDIT] | top↑ |

NO SUBJECT

完成度は風街ロマンの方が高いと思います。フォーク系から音楽を聴きだした人には違和感はないと思いますが、ZEP,DP辺りから入った人には物足りないと思います。まぁブリティッシュハードと西海岸は対極みたいなものですからね。しかしメンバーが凄い人達ばかりですね。それと日本語ロックは頭脳警察、外道を忘れてはいけないし、更に日本語ロックの大衆化に貢献したキャロルの功績は大きいと思います。
QrhcUF4U | ヌコヲヤヂ | URL | 2014.04.26(Sat) 03:54:37 | [EDIT] | top↑ |

NO SUBJECT

この名盤は 自分にとって 影響ははなはだ大きいです。
当時は ウエストコーストやら ブリティッシュ全盛時代で 日本のオリジナルなRockがようやく聞けたという感じです♪

ユーミン陽水など ニューミュージックを完全無視して こちら方面や アングラフォークを真剣に聞いてました。
なのでユーミンは30代あたりから ようやく聞き出し カラオケで ぼちぼち歌いだしたという具合です。
- | ひるのまり | URL | 2014.04.26(Sat) 20:29:20 | [EDIT] | top↑ |

>ヌコヲヤヂ様

おっしゃる通り、自分はZEP辺りから洋楽がスタートしたので、何となくピンと来ないのかも。西海岸の音楽の良さに気が付いたのは10代も終りの方だったですからねぇ・・・。

あ、忘れてたけどコレよりは「風街ロマン」の方が断然好きですね。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2014.04.28(Mon) 10:44:04 | [EDIT] | top↑ |

>ひるのまり様

なるほどねぇ・・・。
ひるのまりさんとのちょっとしたジェネレーションギャップが感じられます。
・・・っていうか、自分はこの辺の音楽に乗り遅れた世代だと思います。リアルタイムの経験があれば何か変わっていたかも知れないと思うと、少々悔しいような気がします。
- | 土佐のオヤジ | URL | 2014.04.28(Mon) 10:47:43 | [EDIT] | top↑ |

NO SUBJECT

なるほど…。
いろんな意見があるんですねえ(^^)。

自分は、はっぴいえんどの「春よこい」を聴いて衝撃を受けたクチです(^^;)。

それまで、はっぴいえんどはポップスだと思ってたので、「おお!こんな曲もやってたのかあ!かっこいいなあ」と。

でも、自分もリアルタイムでは体験できてないので、当時の衝撃は理解してないのですが…。

ユーミンのは胸がキュンってなります(^^;)。
- | 波野井露楠 | URL | 2014.05.11(Sun) 18:46:09 | [EDIT] | top↑ |

>波野井露楠様

なるほど・・波野井先生も衝撃派ですか(笑)
まぁ、多分僕がイマイチ分かってないんだと思うけど、結構皆さんこのアルバムから衝撃を受けるんですねぇ・・・。
そういうの聞くと何か悔しいなぁ・・・。



- | 土佐のオヤジ | URL | 2014.05.12(Mon) 14:14:47 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/825-778a58b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。