無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ビル・ウィザースの「メナジェリー」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ビル・ウィザースの「メナジェリー」を聴いてみた。

2014.05.17 Sat
メナジェリー 話は突然始まるのだが、以前このブログでビル・ウィザースのベストアルバムの話をした時に、彼の事を『ポップさとブルージーさの両面を持ち合わせた不思議な歌手・・・云々』なんて事を書いている。(←コチラです。)そんでもって最終的には、
「ビル・ウィザースの事をもっと勉強せねば!」
 なんてヘンな決意で記事を締めくくっているが、いいかげんなもので、以来オヤジはビル・ウィザースの事なんて100万光年の彼方へ忘れ去っていた。
 たまたま先月TUTAYAで画像のアルバム「メナジェリー」を見つけなかったら、彼の事を勉強するどころか、死ぬまで聴く事が無かったかも知れないのだ。・・・って、ちょいと表現がオーバーになってしまったが、50才を過ぎると、
「俺っていつ死んでもおかしくない年齢になりつつあるなぁ・・・。」
 なんて事を考えるので、こういう話になるのだ。ご勘弁願いたい。
 で、気を取り直してアルバム「メナジェリー」だが、
「そもそも『メナジェリー』ってどういう意味?」
 なんて事が引っかかる。調べてみると『メナジェリー』とは、サーカスなんかにある『移動動物園』の事らしい。どうりでジャケットデザインが動物だらけな訳だ。
 一方中身だけれど、初めて聴いたので的外れな感想かも知れないが、全編を通してビル・ウィザースの温かみが感じられた。
『近所にいる楽しくて優しいオジサン・・。』
 そんなイメージを彼に持つのだ。(←お前はアホか!って言われそうだけど・・。)
 そして、70年代後半のアルバムという事もあり、バックの音が妙に懐かしく、特にローズピアノの音なんて、背中がゾクゾクするぐらい気持ちが良かった。でも、正直なところは、
『もう少し聴いてみないとよく分からない。』
 というのが今回の結論だ。
 オヤジはイマイチこのアルバムについて行けないというか、何となく冷めた耳で聴いてしまうのだ。でも、今後ともビル・ウィザースのお勉強は続けたいと考えてます。まだまだ合格点は貰えそうもないのでねぇ。よろしく。

 
[Music Bill Withers]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログへ
関連記事


Theme:洋楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ビル・ウィザース メナジェリー |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<アール・クルーの「ベスト・オブ・アール・クルー」を聴いてみた。 | HOME | カンサスの「偉大なる聴衆へ」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/830-02987126

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。