無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ エリック・クラプトンの「スロー・ハンド」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

エリック・クラプトンの「スロー・ハンド」を聴いてみた。

2007.11.07 Wed
スローハンド 秋の夜長に、のんびりと好きな音楽を聴きながら、ギター片手に酒を飲むのは、何とも言えない気分だ。
 ギターを弾く喜びは、アドリブを弾いて楽しむ事は勿論なのだが、コードリフをかき鳴らしながら歌う楽しみがある。
 歌う事が恥ずかしいなら、鼻歌でもいい。とにかく、いい気になる事が大事なのだ。
 エリック・クラプトン「スロー・ハンド」はまさしくそんな時によく流すアルバムだ。
 僕はギタリストとしてのエリック・クラプトンは勿論大好きだが、シンガーとしても実にカッコイイと思う。オヤジは皆こういうのに憧れる。シブイのだ。
 1曲目の「コカイン」から、ストラトを抱えて、リフを弾く。立ち上がって、前にマイクスタンドがあるつもりになる。歌い出しは、ちょっと顎を突き出し気味に、クラプトンを意識して、歌う。アドリブは、自分の好きなように弾く。(←当然クラプトンのアドリブとは、雲泥の差がある。でも、気にしない。)
 2曲目の「ワンダフル・トゥナイト」は、腰かけて、力を抜いて、淡々と美しくその気になって歌う。途中で歌詞が分からなくなると、鼻歌に変える。(←歌詞が全部覚えられないのだ。) 
 となりには、ウイスキーのオンザ・ロックを置いておく。これは、焼酎やビールではダメ。ウイスキーにこだわるのだ。
 わがまま放題、自分一人の楽しみなのだ。 
 家族から見ると
「まるっきりバカオヤジ。」
 らしいのだが、そんな事を気にしている場合ではないのだ。
 オヤジは年に何度かは、「スロー・ハンド」でこれをやらないと気がすまないのだから。

Eric Clapton : Cocain





[Music Eric Clapton]

関連記事


Theme:ロック | Genre:音楽 |
FC2タグ : エリック・クラプトン スロー・ハンド ギター |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<クィーンの「DON’T STOP ME NOW」でフレディー・マーキュリィ-が分かった話。 | HOME | ロッド・スチュワートの「スーパースターはブロンドがお好き」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/84-0cbd7024

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。