無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ オルケスタ・デ・ラ・ルスの「ベスト・オブ・オルケスタ・デ・ラ・ルス」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

オルケスタ・デ・ラ・ルスの「ベスト・オブ・オルケスタ・デ・ラ・ルス」を聴いてみた。

2014.09.02 Tue
ベスト・オブ・オルケスタ・デ・ラ・ルス テレビのローカル・ニュースが
『8月の四国の日照時間は過去2番目の少なさだった。』
 などと言っている。2個も台風が通り過ぎ、その合間は毎日のように雨が降った。
「さもありなん・・・。」
 だ。
 こうなってくると、野菜の値段は高騰するし、洗濯物は乾かないしで、我家の女房なんぞ機嫌が悪い事この上ない。
 一方でオヤジも勝手なもので、毎日35度を超えるような猛暑ならば、暑い暑いと文句を言うくせに、こうもお日様が照らないと、
「ジリジリ照りつける太陽が懐かしい。今年は高知に夏は無かったぞ。バカ!」
 なんて事を叫んでいる。とにかく夏はキチンと夏らしくしてもらわないと、どうも調子が狂うのだ。
 さて、この先もしばらくこんな天気が続きそうな気配だが、音楽くらいは夏にしたいと思って引っ張り出したのがコレ、オルケスタ・デ・ラ・ルスのアルバム「ベスト・オブ・オルケスタ・デ・ラ・ルス」だ。
 ロックの気分でもジャズの気分でもなく、とにかく真夏の太陽を連想させるような音楽が聴きたいと思った時にこのベストアルバムは最適だ。ここ数年、オヤジはしょっちゅう聴いている。
 オルケスタ・デ・ラ・ルスの良さは、サルサという音楽のポイント部分を分かり易く誇張し、圧倒的なノリの良さで楽しませる所にある。これは、ノラの日本人離れしたボーカルとそのバックを支える演奏能力の高さによるもので、流せばすぐに南米の照りつける太陽と熱い人々の姿が浮かんで来るのだ。そして、聴けば聴くほど引き込まれ、自然と体を動かしたくなる。まぁ単純なオヤジの事だからしょうがないが、それでも毎度このアルバムからは元気をもらえる。
『難しい事抜きに、単純にノリノリの音楽を聴いて興奮したい!』
 そう思った時の手っ取り早い方法がこのアルバムなのだ。
 雨ばかりの夏を惜しみつつ、まだ暫くの間は「ベスト・オブ・オルケスタ・デ・ラ・ルス」のお世話になろうとオヤジは思っている。

Orquesta la Luz Salsa caliente del japon


 
[Music オルケスタ・デ・ラ・ルス]

 ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
関連記事


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : オルケスタ・デ・ラ・ルス ベスト・オブ・オルケスタ・デ・ラ・ルス |
Category: Other | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<エリック・ドルフィーの「ラスト・デイト」を聴いてみた。 | HOME | フリーの「フリー・ライヴ!」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/851-b60ae69d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。