無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 再び、ジミー・マクグリフの「グルーヴ・グリーズ」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

再び、ジミー・マクグリフの「グルーヴ・グリーズ」を聴いてみた。

2015.03.11 Wed
グルーヴ・グリーズ2 最近なんだか気分的に煮詰まって、聴きたい音楽が無い。いや『聴きたい音楽が無い』というのではなく、正確に言えば、従来とは異なる音楽を聴いてみたいのだ。
 そんなわけで、我家のCD棚を引っ掻き回したのだが、希望に副うアルバムなんてそう簡単に見つからない。だって棚にはオヤジが今まで聴いてきた『従来の音楽』ばかりが並んでいるわけで、そんな所を探しても、
「お!コレはいいぞ~!」
 なんて思うアルバムが見つかるはずがないのだ。
「久しぶりにCDショップへ行ってみるかなぁ・・・?」
 なんて事を考え始めた頃に、ふと1枚のアルバムが目に止まった。ジミー・マクグリフ「グルーヴ・グリーズ」である。目に止まった理由は簡単、ジャケットだ。(←スケベ根性だけは煮詰まらずに従来のままである。)
 とは言っても、ジミー・マクグリフと言えば、オルガン奏者。ジャズっていう従来の路線とは変わりないが、楽器的にはジャズの王道から外れていて、ほんの少しだけど『従来とはちょっと異なる音楽』って言えなくもない。
「今日の所は、この辺で手を打つか・・・。」
 てな事となり、久しぶりに「グルーヴ・グリーズ」を流す事にした。
 まず感じるのは、黒人独特のファンキーなグルーヴ感を随所に感じるが、それが結構軽いって事。シンプルでサラッとした曲が多く、ケツを後ろからグングン煽られるようなグルーヴ感とは違い、水の上をスイスイと流れて行くようなグルーヴ感なのだ。同じ黒人のオルガン奏者ジミー・スミスと比べると、明らかにうねりの幅も深さも小さく、ジミー・スミスのアドリブにはいっぱい裏がありそうだが、マクグリフのアドリブには馬鹿正直な能天気さを感じる。とまぁ、その辺が、このジミー・マクグリフがイマイチ、メジャーにならない理由なのかも知れないが・・・でも、オヤジは逆にこのス~ッとしたグルーヴ感こそがこの人の個性であり、持ち味なのだと思っているわけで、
「悪くない~悪くない~」
 と、いつも思うのだ。
 さて、聴き終われば結局『従来の音楽』だったけど、気分は良い。久しぶりに懐かしいアルバムを思い出して実に良かった次第。この凄いジャケットに感謝している。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

 
[M;Jimmy Mcgriff]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
関連記事


Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
FC2タグ : グルーヴ・グリーズ ジミー・マクグリフ |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<サイモン&ガーファンクルの「スカボロー・フェア」を思い出した。 | HOME | ジョージ・ベンソンの「20/20」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/876-509dcb38