無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ハンク・モブレーの「ワークアウト」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

ハンク・モブレーの「ワークアウト」を聴いてみた。

2015.11.06 Fri
ワークアウト 前回、ギターばかり弾いているなんて話をしたが、そうなるとアルバムを聴く時間がない。
「ギターも弾きたいがアルバムも聴きたい!」
 なんて勝手な事を思うが、一日は24時間しか無い訳で、その中で仕事をしたり、飯を食ったり、寝たり、酒を飲んだり、トイレで座ったり、とまぁスケジュールが満載で、なかなか時間配分が難しい。
 だから、仕事が休みの週末は貴重である。朝から用事をサッサと済ませて、午後からは自室に籠り、ギターと音楽と読書三昧の時間を過ごす・・・とまぁコレが最近のオヤジの休日の定番となっている。
 で、日曜日に自室で息子のマンガを読みながら聴いていたのがハンク・モブレーの名盤「ワークアウト」。彼のアルバムの中では「ソウル・ステーション」に次いでオヤジが好きな1枚だ。
 まずは、ワン・ホーンなのが良い。シンプルで聴き易く、何となく余裕だらけのハンク・モブレーのプレイが存分に聴ける。『余裕だらけ』って表現が分かり辛いかも知れないが、簡単に言えば同じテナーを吹かせても、コルトレーンみたく重厚で哲学的ではなく、そうかと言って、スタン・ゲッツみたいなクールなテナーでもない。肩に力が入って無くて、
『ほんじゃ~やろうかねぇ~みたいな心持ちで演ったらこうなったけど・・・どんな?』
 的な仕上がりが実に気持ち良いのだ。
 その上、こっちも緩いギタリスト、グラント・グリーンが参加しているのもツボ。真っ黒なギターがスラスラと聴く事が出来る。全体的には、リズム隊が煽り過ぎるようなきらいがあるけど、まぁその辺は目をつぶって全編ウデ~~と楽しみました。
 まぁ、今回はマンガを読みながら聴いたので、そんな場面には一番良いモダン・ジャズのアルバムだったと自負しています。
 ではまた。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

 
[Music Hank Mobley]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 

関連記事


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ハンク・モブレー ワークアウト |
Category: Jazz/Fusion | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<松田聖子の「SEIKO STORY ~80’s HITS COLLECTION」を聴いてみた。 | HOME | 今剛の「スタジオ・キャット」を聞いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/903-31606a0e