無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ 松田聖子の「SEIKO STORY ~80’s HITS COLLECTION」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

松田聖子の「SEIKO STORY ~80’s HITS COLLECTION」を聴いてみた。

2015.12.03 Thu
SEIKO STORY ひっさしブリブリの記事だ。一ヶ月近く更新していなかった。こんな事態は当ブログを開始して以来初めてなので、
「入院でもしてたのか?」
 なんて言われそうだが、理由は簡単。忙しくて音楽を聴いていなかったのだ。
 先月のオヤジは、私的な予定がびっしりだったにも拘わらず、暇があればギターを弾いて遊んでいたのでブログを更新しようにもネタがなかった。そんなわけで、今月になって、
「これではイカン!以前みたいに、毎日のようにアルバムを流す生活に戻らなければ!」
 なんて思い(←傍から見てると馬鹿みたいって事は十分理解しています。)
「そんじゃぁ、復帰へのリハビリ・アルバムは何にするかねぇ?」
 って考えるうちに目に止まったのが松田聖子のベストアルバム「SEIKO STORY ~80’s HITS COLLECTION」だ。
 このアルバム、松田聖子の80年代のヒット曲ばかりを集めた2枚組CDで、オヤジが最も彼女を聴いていた頃の曲が『コレデモカ!』と言わんばかりに収録されている。その上、80年代と言えば、昔話が多いこのブログの基礎になっている時期なので、久しぶりの記事のネタにも良いと考えたわけだ。
 とまぁ、そんな理由で早速「SEIKO STORY ~80’s HITS COLLECTION」を流したのだが、聴き進むうちに面白い事に気が付いた。それは、松田聖子の声の変化だ。デビュー曲の「裸足の季節」の頃は、若さが前面に出た元気な声なのは良いが、どう聴いてもイモ臭い田舎のネェチャンの雰囲気が漂う。一方、デビューから5年後の「天使のウィンク」になると、格段に歌が上手くなった上に、独特のハスキー・ボイスに磨きがかかり、色っぽくて声に華がある。
「垢抜けたのよ!」
 って言ってしまえばそれまでだが、こうも声が変わると一瞬別人じゃないかと思うぐらいだ。
 んで、オヤジはどちらの聖子チャンが好みなのかと言うと、やっぱりデビュー当時のイモネェチャン声の方が好きだ。多分、初めて松田聖子を聴いて衝撃を受けた時のイメージがそのままオヤジの中に残っているからだろうと思うが(←その話しはコチラ、今回は、その辺が再認識出来てなかなか面白かった次第だ。
 それにしても、今時の若い歌手と比べるとデビュー当時の松田聖子の歌の上手さは群を抜いている。もうこんな歌手は出てこないだろうなぁ・・・なんて事も思いつつ全編じっくり楽しみました。
 本日はここまで!

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

 
[Music 松田聖子]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
関連記事


Theme:邦楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : 松田聖子 |
Category: J-Pop | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<レッド・ツェッペリンの「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」を聴いてみた。 | HOME | ハンク・モブレーの「ワークアウト」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/904-bd2a8ec3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。