無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ ジム・オルークの「ユリイカ」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


|
Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジム・オルークの「ユリイカ」を聴いてみた。

2016.01.29 Fri
ユリイカ 先週末は寒かった。日本列島は記録的な大寒波にみまわれて、沖縄でもみぞれが観測され、九州は大雪、高知市でも日曜日の最高気温は2度までしか上がらず、
「南国土佐だぜ!」
 などとは間違っても言えない一日だった。
 こうなると、オヤジはもう何もしない。寒いのが大嫌いだから、家から一歩も外に出ない。ヒートテックにトレーナー、その上にフリースまで着込んで、ユニクロの広告塔のような格好で炬燵にもぐり込み、トイレ以外は動かない。一日中炬燵でテレビを見て、飽きたら音楽を流しながら読書、それにも飽きたらうたた寝する。昼食には熱い天ぷら蕎麦を食べ、合間にお茶を飲みながら煎餅をつまみ、夜は焼き海苔で熱燗を2合飲み・・・とまぁ、完全なるダメ人間の一日を過ごしてしまった。
 で、このダメ人間が半分夢の中で聴いていたのが、ジム・オルーク「ユリイカ」だ。このアルバム、見ての通り、ジャケットからしてダメ人間っていうか、かなり問題があるけど、中身は全然ダメじゃない。ポップで美しい曲の数々は、炬燵でまどろむダメオヤジを心豊かで幸せな気分にしてくれる。
 オヤジは、ジム・オルークってアーティストは20年以上も昔から知っていたが、その音響博士的な評判からずっと敬遠していた経緯がある。どうせ、小難しい音楽作って、『お前らには分からないだろうけどねぇ。』的な雰囲気を醸し、それに憧れるアホどもが、
「ジム・オルークこそ最先端の音楽だ。」
 みたいなことを言っているようでならなかったのだ。(←実にヒネクレた考え方だけどさ・・・)
 ところが、10年程前にこの「ユリイカ」を耳にして、
「あらまぁ!」
 って、かなり驚いた事を思い出す。オヤジの持っていたイメージとは全く異なり、自然で、優しくて、そして上品で。でもよく聴くとそれぞれの楽曲が結構凝っていて聴き所も多く・・・とまぁ、要するに気に入ってしまったのだ。
 以来、「ユリイカ」は時々お世話になる1枚で、思い出したように流す事が多い。このアルバムの良い点は、家でも車の中でも、晴れでも雨でも、朝でも夜でも、夏でも冬でも、オールマイティーに聴けて違和感が無い所だと思っている。そんなアルバムって滅多にないから、目立たないけど貴重なアルバムだとオヤジは思っている。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

 
[M;Jim O’Rourke]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
関連記事


Theme:洋楽 | Genre:音楽 |
FC2タグ : ジム・オルーク ユリイカ |
Category: Rock/Pops | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<マイク・オールドフィールドの「チューブラー・ベルズ」を聴いてみた。 | HOME | 再び、ナタリー・コールの「アンフォゲッタブル」を聴いてみた。>>
お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/911-17a15c0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。