無料ブログ
土佐のオヤジの音楽昔話 ~ あの頃の曲を聴いてみた ~ アストラッド・ジルベルトの「おいしい水」を聴いてみた。
RSS|archives|admin

アストラッド・ジルベルトの「おいしい水」を聴いてみた。

2016.03.24 Thu
おいしい水 最近、時間があればウォーキングをしているが、日曜日はこれまでの最長距離の19キロを歩いた。将来、四国八十八カ所を歩こうと考えているので、そうなれば一日に歩く距離は最低でも20キロから30キロとなる。その為のトレーニングの意味で、ちょいと頑張ってみたのだ。
 で、結果は?と言うと、正直足が痛くなった。15キロまでは平気だったがそれ以降は足を引きずる始末。敗因は、最初にペースを上げ過ぎた事と、調子に乗ってロクに休憩を取らずにガンガン歩いた事にあった。
 さてそんな中、唯一の休憩を取ったのが、路線バスの終点にある渡船乗り場の待合所で、女房が持たせてくれたオニギリの昼食を食べながら30分程足を休めた。この渡船乗り場、高知市の浦戸湾の入り口を東西に結ぶ渡船の乗り場だが、日曜日という事もあり、婆さんが一人船を待っているだけだった。目の前には終点のバス停がポツンとあり、はっきり言って実に寂しい所だ(←こんな所ね)。でも、オヤジはそんな場所が結構好きで、既に夏を感じさせるような強い日差しが照りつける何も無い風景を肴に、オニギリをほおばっていた。で、
「この風景にピッタリのアルバムは無いもんかねぇ・・?」
 なんて思いながらiphoneの中を暫く探して、
「お!コレなんかどうだろ?」
 なんて選んだのがアストラッド・ジルベルト「おいしい水」だった。
 早速流してみたが、ヘッドフォン越しに聴こえるアストラッドのけだるい声が、ボサノバの調べに乗って物凄く気持ちが良い。強い日差しの中の堤防とバス停以外何も無い風景も妙にアルバムに合っている。
 この「おいしい水」、1960年代に録音された曲が続くが、聴いてみるとそんなに古いようには思わない。って言うか、何も無い風景には、最先端の澄み切った音よりも、少しレトロ感が漂う音質の方が気分なのだ。
「オニギリよりもビールだわなぁ・・・。」
 なんて事が頭をよぎったが、そうもいかず・・・。その後のオヤジは、婆さんと一緒に渡船に乗り込み、対岸から家までの残り9キロを必死で歩いて帰りましたとさ。おわり。

アーティスト別過去記事検索へ  <洋楽編> <邦楽編> <ジャズ・その他編>

 
[Music Astrud Gilberto]

 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 
関連記事


Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
FC2タグ : アストラッド・ジルベルト おいしい水 |
Category: Other | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |
<<柏原芳恵の「春なのに」を聴いてみた。 | HOME | エマーソン・レイク・アンド・パーマーの「恐怖の頭脳改革」を聴いてみた。>>

彼女のアルバムは

どれを聴いても気持ちいいですね。ゆったりしていて、心地よくって、大好きです。
195Lvy4Y | BACH BACH | URL | 2016.03.26(Sat) 17:57:53 | [EDIT] | top↑ |

>Bach Bach様

そうなんですよね。
夏の午後に缶ビール飲みつつ、半分昼寝しながら聴くのが、僕のベストです。(笑)
- | 土佐のオヤジ | URL | 2016.03.28(Mon) 11:32:15 | [EDIT] | top↑ |

ボサノヴァ

実は大好きでCDはカーステに入れています。ブラジルや南米の都市部に住む若者が都会と自然と愛情を歌ったと言われてますが、まさに高知もそうですにゃ。(都会はちょっと(笑))ビールもいいけどオシャレなカフェでカフェラテでしょうにゃ(=^・^=)
QrhcUF4U | ヌコヲヤヂ | URL | 2016.03.28(Mon) 14:26:50 | [EDIT] | top↑ |

>ヌコヲヤヂ様

確かに!
オシャレなカフェでカフェラテ(笑)
そっちの方がイイ感じですね。
なんせ、ビール好きなもんで、ついそうなってしまいます。(苦笑)
- | 土佐のオヤジ | URL | 2016.03.29(Tue) 08:03:22 | [EDIT] | top↑ |

お名前

タイトル

メール

URL



[     ]
Trackback URL
http://tosaoyaji.blog104.fc2.com/tb.php/918-3713d486